【アカデミー作品賞】グリーンブックを観るべき5つの理由【差別】

どうもー大葉せんせいです!

 

2019年のアカデミー作品賞に『グリーンブック』が選ばれましたね!

 

みなさん観ましたか?

素晴らしい作品なので、観にいくことをお勧めします!

 

なんで観にいくべきなのかを5つのポイントをまとめました!!

この映画の一番スゴイ点は、見終わったあと、自分の差別心に気づけること……

バディもの、ロードムービーものとして

グリーンブック~オリジナル・サウンドトラック

この映画の素晴らしいところは、テーマが「差別」なのに、重くなりすぎていないところにあります!

 

「差別」をテーマに多くのメッセージを伝えようとすると、重くなってしまいがちですよね。

しかし「グリーンブック」は笑えるところもあるし、バディものとして観ても面白い、ロードムービーとして観ても面白いんです!

 

芸術的な映画っていうだけじゃなくて、エンターテイメントとして面白い!

「グリーンブック」は、内容的には重い雰囲気が流れているワケではありません。

でも伝わってくるものは、もの凄く多いです。

音楽が素晴らしい

『グリーンブック』は、音楽映画としてみても最高!

 

音楽家・ドクターシャーリーを題材にした映画なので、ドクターシャーリーの音楽が多く登場します。

このドクターシャーリーの音楽がとにかく最高。

 

1962年の黒人音楽といえば、R&B・ジャズなんですけど、ドクターシャーリーの音楽はどちらでもありません。

 

クラシックとジャズの間のような音楽で、言ってしまえば「ドクターシャーリーの音楽」なのです!!

他に似た音楽はありません!

 

劇中で演奏される音楽は、どれも熱いものになっているので、ぜひ劇場で聴きましょう!!

差別問題を考える

この映画のテーマは「差別」。

映画を観終わったあと、誰もが自分の態度を反省すると思います。

映画でどういった差別について言及されるのか紹介します!

黒人差別

映画の題材の音楽家である、ドクターシャーリーが黒人です。

 

1962年といえば、南北戦争から100年が経っているので、もちろん奴隷制は廃止されています。

 

ですが南部では、黒人たちは奴隷のような扱いを受け続けていたんですね。

どんな差別があったのかは知っているつもりだったんですが、映像を見るとやっぱり考えさせれます…

 

この映画のスゴイところは、黒人差別を悲しい出来事として描いていないこと。

黒人はこんなに可哀想だと描くのは簡単です。しかし、それでは黒人たちの尊厳は守れない映画になっていたと思います。

 

しかし『グリーンブック』はドクターシャーリーという黒人を通して、差別を描くことで、黒人を尊厳を尊重しつつ、考えさせれれる映画になっているのです!

イタリア系差別

差別問題というと、黒人差別が取り上げられることが多いですよね。

しかしイタリア系移民差別も、かなり酷いものがあったそうです。

 

実は主人公のトニーは、イタリア系移民なので被差別民なのです。

しかし最初のトニーは、黒人を差別しています。

 

立場が弱い人は、自分の立場が危うくなるのを気にして、さらに立場が低い人にキツくあたるんですよね。

イタリア系移民差別問題について、詳しく知りたい人は、サッコバンセッティ事件を調べてみてください。

同性愛差別

ドクターシャーリーは黒人で、性的マイノリティーでもありました。

 

劇中で男性と一緒にいたという理由で、逮捕されるシーンがあります。

1962年のアメリカでは、同性愛は犯罪だったんですね。

 

今の世界の価値観だと、性的指向は個性だと広く認識されているので、世界は50年で大きく変わったんだということを実感しました。

 

そんな半世紀の人類の進歩感じ取れる映画なので、ぜひ観にいって欲しいと思います!

世界史として

南北戦争戦争から100年後の1962年が舞台になっています。

 

南北戦争で奴隷制が廃止されたといっても、根強い黒人差別が残っていたんですね。

 

黒人差別の勉強って、小中学校の授業で絶対にやりますよね。キング牧師の話とか。

授業で先生から聞く、黒人差別の話よりも明らかに勉強になりました…

 

黒人はバーに行っただけで、リンチされるんです。でも黒人たちは強く生きています。

そのカッコよさが、本当にあった事実なのだと、真実味を増してくれているのでしょう。

演技を説明しないカッコよさ

主人公のトニーの家でのシーン。

トニーが、黒人の作業員が使ったコップを無言で捨てます。

ここで思ったのは、

「説明ゼリフも無いのに分かりやすいシーンだなぁー」

「日本の映画だったら、コップを捨てるときに、『汚ねぇ』とかセリフを言わせるんだろうなー」ってことでした。

 

 

監督のピーター・ファレリーは今まで、バカな映画ばっかり撮ってきた監督なので、分かりやすく映画を撮るのが上手いのかもしれませんね!笑

まとめ、自分の中にある差別に気づく

グリーンブックの凄さは、重くなりがちなテーマを重く描くことなく、しっかりと映画のテーマ性を伝えたこと!

グリーンブックのテーマは「差別」です。

  1. 黒人差別
  2. イタリア系移民差別
  3. 同性愛差別

など、色々な差別を描いています。

 

このテーマ性を伝えたい場合、過去にどんな酷い差別があったのかを描くのが正攻法ですよね。

ただ、そうすると映画の内容が重くなってしまいます。内容が重い映画は、流行りません。

重い映画は、多くの人が観にいく映画になりにくいんですよね。

 

重い映画は、テーマは伝わっても、多くの人に伝えられないという欠点がありました。

しかしグリーンブックのテーマは決して重く描かれていない。むしろ笑えるシーンも多くあります。

 

ここが本当にグリーンブックの素晴らしい点なんですけど、テーマを重く描いていないのに、伝わってくるメッセージはもの凄く多いという点。

重い映画にしないことで、多くの人が観に行きますし、テーマも伝わるという。凄いことをやっている映画です。笑

 

そりゃーアカデミー作品賞取りますよ!!

 

それでは〜、大葉せんせいでした!