何で傘が進化しないのか考えてみた!【傘の未来予想】

 

どうもー、大葉せんせいです!

 

突然ですが、皆さん傘ってどう思いますか?

 

傘って、全然進化しないでよね。

 

調べたところ、1000年前には今の形で存在していたそうです!

 

今って、iPS細胞で何でも臓器を作れる時代ですよ!

 

でも、傘は未だに傘のまま…

 

なんでだよ!そう思って、なんで傘が進化しないのか調べてみました!

 

あと、今後どう進化するか予想します!

 

傘は進化している!?

 

形は色々考えられていますけど、あんまり進化はしてる気がしません笑

 

なので、どんな傘があるのか調べてみました!

 

逆閉じの傘 Circus

雨に濡れた面を内側に閉じる 特殊な 2重構造 で水滴に触れずに使える人気の2重傘 Circus サーカス

 

逆に閉じる傘です!

これ結構便利かも知れません。

閉じた時、水滴がついた面が内側になるので、建物に入って持ち歩く時に服に水滴が付きません!!

Tooge 長傘 逆折り式傘 カバー付き 自立可能 C型手元 UVカット 8本骨 晴雨兼用

あと閉じた状態だと、自立します!

傘使って帰った後、そのまま外に立てて置いておくことが出来ます!!

 

この機能は意外と良いですよね。大葉せんせいは欲しいと思いました!

 

air umbrella

かなり未来感のある最新傘もあるみたいです!

 

 

これ風を吹き出して、降ってきた雨を横に吹き飛ばすというもの

 

かなり面白いアイデアですが、一つ大きな難点があります。

 

雨が全部、隣の人に吹きつけます!!笑

 

街中で使えません。どういう場面を想定して作られているんでしょうか?ww

 

航空力学に基づいた設計 センズアンブレラ

【正規輸入品】 センズ スマート S 全14色 折りたたみ傘 手開き ブラック アウト 8本骨 耐風傘 SZ-006BO

 

この傘、形は変ですが、まあまあ優れもの

 

絶対に風で壊れません!

なんでかって言うと、航空力学に基づいて、風を受け流す形になっているから!

風速100kmまでは、実験で耐えられたそうです!!

傘って壊れるので良いですよね!

 

傘は進化というか、変化している

進化というか、変化しているという感じですね!

手で持って、傘自体を開く形に変化はありません。

ちょっとは変化していても、今までの形がスタンダードであり続けるんでしょうね。

 

後、風で吹き飛ばすような最新の傘もあるみたいですが、実用には至っていないんですねー

 

なんで、ここまで傘が進化しないんでしょうか?

大葉せんせいなりに考えてみました!!

 

なんで進化しないのか?

なんで傘って進化しないんでしょう?

 

そう思ったキッカケはヒカルの碁のこのシーン

 

 

ヒカルの碁では、1000年前から形変わらんやんけ!と言ってる

 

なんでここまで科学技術が進歩しているのに、傘だけ進化しないんだろう?

 

昔は傘も進化してきました!

しかし、進化を止めてしまった原因があります!

それは

  1. 今の傘の形が完璧
  2. コストをかけれない

という点にあります!

 

現在の傘の形が完成形!?

例えば、

ピアノ、バイオリンも進化して、今の形になりました!

 

ピアノが今の形になったのは、1700年頃とのこと、

そして300年前に今の形になってからは、進化はしていません。

つまり、今の形が完璧だってことです。

 

 

同じく、傘も生まれたのは4000年前ですが、

雨傘として使われだしたのは200年前頃からです!

 

 

傘も原型のものが生み出されてから、着々と進化を続けいって、

その結果、今あの形に落ち着いているということは、今の形が完成系だって事だと思います。

 

本当に完成系なのだろうか?と疑問には思います。

というのも、今の傘には不満点があることは確かだからです。

 

ですが、人類は傘の改善を200年成功していないので、この形が正解なのでしょう!!

 

傘はこれ以上、コストをかけれない!?

あと進化しないもう一つの点は、傘にコストをかけれない事にあります!

 

 

傘って忘れて来ますよね?

なので、コストを今以上にかけれないっていう制約があります!

 

 

だから、普段使いする傘の価格は1000円程ですもんね

 

もし、傘を忘れない、失くさないとなったら、4000円とか10000万円でも機能の良いものを選びますよね。

 

傘って、失くす前提で購入している節があります。

 

今現在でも、傘のアップデートは可能だと思いますが、

 

高機能なものはあまり売れません。今より高機能にすると、価格が上がってしまうので、失くす前提で購入できないためです笑

この二つの点から、傘が1000年前から進化しないんだと思いました!!

 

今後どうなるのか予想してみた

未来予想図 ~ア・イ・シ・テ・ルのサイン~

 

傘って足りないところがあると思うんです!

そこを改善すれば、新しい傘が生まれると思います!

 

  1. 手で持たなきゃいけない、荷物になる
  2. 足元とか濡れてしまう
  3. 一回使うと、干さないと錆びる
  4. 風で壊れる

の4つですよねー

 

一個ずつ、どう改善できるか考えていきます!

1、手で持たなきゃいけない、荷物になる

これ一番不便ですよねー

 

片手がふさがってしまうので、バックとかを持つと両手がふさがってしまいます!

 

なので、スマホとかいじれませんし、自販機で飲み物買おうとしたときとか結構面倒くさいです!笑

 

これ改善するとしたらもう、傘自体を飛ばすしかありません。

 

 

そう!ドローンです。

ドローンを自動追尾にして、雨を避ける機能を付けましょう!!

 

現在でも、ドローンを飛ばした人を自動追尾するものは販売されているので、技術的にも可能です。

 

2、足元は濡れてしまう

 

これも、傘の改善してほしい点。

雨の強い日とか、傘さしてるのに足元濡れちゃうよねー

 

傘って雨を完全に防げる訳じゃないんだよねー

どうにか完全に防げるようにしてください!!

ちょっと雨の強い日なんか、靴下びしゃびしゃですよねー笑

 

3、一回使うと、干さないと錆びる

 

これ意外と手間ですよねー。

 

傘って、結構メンテナンスしないと、錆び錆びになっちゃいます。

 

なので、使い捨て前提なところもありますよねー

 

なので、次世代の傘はメンテナンスフリーなものにして欲しいです!!

 

4、風で傘が壊れる!

 

これもかなりのムカつきます!

 

台風の時とか、雨と合わせて風も強くなっています。

 

ビル街とかで、風の強くなっているところだと尚更。

そんな時って、傘を風に持っていかれてコウモリ傘になって、そのまま骨が「ぐしゃり」……

今まで風に、傘を何本壊されたことか…

 

そして、この4つを兼ね備えた傘はどんなものになるか考えました!

 

傘はこうやって進化する!!!

次世代の傘に備えて欲しい機能は、この4つ!!

 

  1. ドローン(手で持たない)
  2. 足元も濡れない
  3. メンテナンスいらず
  4. 壊れない

です!!

 

そして、未来の道具といえばドラえもん!

ドラえもんのひみつ道具から考えてみます!

ひみつ道具に、こんなのがあります!

 

雨そうじ機

使い方はこんな

自分の周りに降ってくる雨を吸い込んでくれる。

水滴を呼び集める電波を出す装置によって誘導波メカニズムに集められた雨水は、耐熱管のドライパイプを通過するが、この時ほとんどの雨はここで蒸発する。

その後、機械内部の高熱処理装置と遠心分離装置を通って完全気化器で完全に気化する。

ドラえもんひみつ道具データベースより

 

これ、これこれ〜

 

こんな傘が欲しかったんですよ!

雨そうじ機に、4つの条件を追加していきます!

  1. ドローン(手で持たない)
  2. 足元も濡れない
  3. メンテナンスいらず
  4. 壊れない

 

そうすると、こんな感じになります!!

 

新時代の傘は、こうです!!

 

 

ドローンが持ち主を自動で付いてきて、

周りの雨を完全に吸い込みます!!

そして、ドローン内部で完全に蒸発させて、斜め上方向にその空気を吐き出します!

もちろんドローンも完全防水でメンテナンスいらずです!

 

 

この新時代の傘どうですか?結構良いような気がします笑

 

まとめ、カッパも進化しろ

QIAN レインコート 自転車 バイク 通学兼用 レインウエア フリーサイズ 男女兼用 軽量防水 高品質

 

なんで傘が進化しないのか。

傘が進化するとしたら、どうなるのかを解説してきました!

 

でも、まだまだ傘は今のままだと思います。

 

傘が進化するのは、いつになるのやら…

今の技術では難しいのかもしれません。

 

そうなると、カッパの進化の方が先なんじゃないかと思いました。

 

カッパの不満点は「着た後に仕舞うのがめんどくさい。」ですよねー

傘よりは、雨を凌げて、両手も使えるので良いと思います!

 

なので、一瞬で水滴が取れて畳めるカッパの実用化の方が先になるような気がします!!

 

なので、傘じゃなくて、カッパを早く進化させてくれ!!!

 

と切実に思う、大葉せんせいでした!それでは〜