総合職という仕組みが、生産性を低下させる【GDP低下の理由】

どうもー大葉せんせいです!

大葉せんせいは、日本企業の多くがやっている総合職採用に反対です。

なんでかというと、総合職っていう考え方が日本全体の生産性を低下させるから…

 

総合職って、つまりは適性のある仕事が出来ないってことですもんね。

なので今回は、日本企業は早く総合職システムをやめろって記事!

日本型雇用と欧米型雇用。

まず総合職ってなんなのか説明します。

 

総合職は、社会学の専門用語でいうと「メンバーシップ型雇用」って言います。

日本の労働契約っていうのは、仲間にするっていう契約で、仕事内容はあとで変更し放題です…笑

転勤も強制的にさせることができます。

あと新卒一括採用で、職務に必要な能力は入社後に業務をとおして、または研修などで獲得させます。

 

「ジョブ型雇用」とは、なんなのか?

日本型の雇用方法の「メンバーシップ型雇用」に対して、欧米型の雇用が「ジョブ型雇用」と言います。

 

欧米の労働契約は、業務に対して行われます。

仕事内容が契約で決められていて、他の業務をさせたい場合は、再度労働契約をしなおす必要があります。

転勤・異動もありません。

採用も中途採用ばかり。入社時に、ある程度の能力が求められます。

 

なんだか、ジョブ型雇用の方が働きやすそうだなー…

日本でも、少ないですがジョブ型雇用をしている企業があります。IT企業のサイボウズは、転勤なしのジョブ型雇用に近いことをしています。

総合職は、生産性が低い

なんで総合職という考え方が、生産性を低くしているのか解説します。

日本の総合職って、転勤・異動がありますよね。

これって、適性にあっている仕事が出来るとは限らないということです。

 

誰でも就職をするとき、適性や、好きなことって考えると思います。

日本では適性のある仕事についても、2年後には全く別の業務をさせられているって人も多いですよね。

やっぱり適性のある業務って、生産性が高くなります。

逆に、適性のない業務は生産性が、低くなるのは言うまでもありません。

 

総合職の部署異動って、つまりは「適性にあっている業務は、出来ないよってこと」です。

苦手なことばっかやらせても生産性は上がらないだろー笑

日本は人口が減っていく。

総合職は、個人の適性を考慮しないシステムだという話をしました。

総合職採用って、日本の現状に全くマッチしていないんですよね……

なんでかというと、総合職採用は、人口増を前提にしたシステムだから。

 

総合職は効率的な配属がなされないですが、人員が余っているときには便利なシステムでした。

総合職は、適性なんて考えずに配属できるので、楽なんですよね。

ただ問題もあって、適性を考えていないので、個人の幸福度は低くなりがち。

やりたくない仕事も、やらなくてはいけません。

幸福度も低い、やりたくない仕事ばっかり、これで生産性が上がるはずない…

やりたいことも出来ないし、幸福度も低い、生産性も低い…
なんだこのシステム

日本の生産性

どれくらい日本が非効率的な働き方をしているのか書いておきます!

1時間あたりの生産性、2017年トップはアイルランドでした。

 

1時間あたりの生産性

アイルランドは、95.8

日本は、46.0

 

うへえ、アイルランドは、日本より2倍以上高いですね。

日本の生産性は、もの凄く低いということ!

人口減の社会で、非効率的な「総合職」なんてシステムを維持できるほど余裕がないんですよ!

総合職という考え方を続ける企業は死ぬ

総合職が生産性の低くなるシステムだってことは、わかってくれたと思います。

これから、旧来の総合職採用を続けていく企業は、潰れます。

 

なんでかというと、日本が人口減社会であること、生産性の低いことをあげました。

さらに、もう一つ理由があって、総合職はブラック会社になりがちなので、人が集まらないことがあります。

メンバーシップ型雇用は、仕事内容が決められていないので、自分の仕事を終わらせると、次の仕事をやらされます。

つまり長時間労働になりやすいという特徴があります。総合職は、ブラック企業体質だってこと。

 

これに気づいて「ジョブ型雇用」を始めた企業は、労働環境が良いと言われます。

この仕組みに気づかずに「メンバーシップ型雇用」を始めた企業は、労働環境が悪いと言われます。

労働環境は、就活サイトなどで点数でレビューされるようになってきています。

つまり労働環境が悪いと言われる企業には、人が集まりづらくなっているのです。

キャリコネとかで、酷評されている企業に入りたくないですよねー…笑
これから企業の労働環境のレビューという文化は、どんどん加速していますよね。

さらにはブラック企業マップなんて、サービスも生まれました。

総合職=「メンバーシップ型雇用」=ブラック企業=人手不足=潰れるという図式が成り立ちます!

適性にあった仕事をしよう。

適性にあった仕事をしろっていうことは、ウォーレン・バフェットも言っています。

バフェットは、世界の資産ランキング3位にもなった大富豪。

バフェットが、資産を増やした方法が投資です。そのため、「投資の神様」とも呼ばれています。

 

そのバフェットの思想にこんなものがあります。

「人々がそれぞれの最も得意とする分野でできるだけ長く一生懸命働けば、それだけ社会が富む」

つまりバフェットの得意分野が投資だということ。

 

このように投資の神様・バフェットも、適性にあったことをしなさいと言っています。

適性にあった得意のことをした方が、社会のためにもなるってことなんですよね。

だから、社会のためにも適性にあった仕事をしようぜ!

ジョブローテーションは最悪

日本の生み出した働き方の1つにジョブローテーションというものがあります。

ジョブローテーションって、最悪な働き方なんだよね…

大葉せんせいが、就活をしたときには、やっている企業が多くありましたね。

なんで、ジョブローテーションが最悪かというと、総合職の悪いところを集めたようなシステムだから。

ジョブローテーションって、入社したあと色んな部署を経験させようというもの。

これって、総合職を育成しようっていう試みなんですよね。

色んな仕事を若いうちにやらせることで、働き盛りの時に、どんな部署にも配置しやすい人材になるんですね。

 

でも総合職自体、効率の悪いやり方なので、無駄無駄の無駄。

仕事内容を決めて労働契約する、欧米のジョブ型雇用では出来ない試みなんですよね。

 

しかもジョブローテーションは、幸福度も下がります。

日本精神神経学会の発表した、人生におけるストレスランキングによると

日本精神神経学会より

総合職とジョブローテーションに関係あるところを抜き出します

人生におけるストレス度ランキング

 

単身赴任…12位

左遷…13位

人事異動…19位

労働条件の大きな変化…20位

配置転換…21位

 

これ全部、日本の総合職採用だから起こるストレスです。

ジョブローテーションが最悪なのが分かると思います。

なのでジョブローテーションとか言っている企業があったら、入社をやめましょう!笑

まとめ、総合職って誰が得してんの?

総合職って誰も得していない、謎のシステムなんですよね。

 

  • 企業は、生産性が悪くなっているので、得していない。
  • 個人は、幸福度が低い。
本当に、誰も得してない…笑
世の中不思議なもんですよねー、誰も得していないのに、続いているんですもん。

 

この記事を見た人だけでも、総合職反対論を唱えていきましょう!

 

それではー、大葉せんせいでした!