【第1世代】旧Apple Pencilが不便すきるので、第2世代と比較してみる【iPad】

大葉せんせい
大葉せんせい
どうもー大葉せんせいです。
大葉せんせいは、iPad Pro10.5インチとApple Pencilの第1世代を持っています。

 

たまーに絵を描いてみたり、図を作ってみたりで使っていますが、不満があります。

その不満とは…スゲー不便!ってこと。

 

もうちょっと改良してくれたらなーって思う所がたくさんあるんですよね。

そんななか、友達が使っているiPad Pro11インチと第2世代のApple Pencilを見ちゃったワケです。

大葉せんせい
大葉せんせい
ああああああ、うらやましいいいい
というのも、第1世代Apple Pencilの不満点を見事に解決しているんですよね…

なので今回は、第1世代Apple Pencilが不便すぎること、今買うからもちろん第2世代でしょ!っていう記事になります。

1世代のApple Pencil

Apple Pencil(第1世代)

第1世代がどんなに不便かを書く前に、それぞれの世代のスペックがどう違うのか書いていきます。

Apple Pencilのサイズ

  • 長さ:17.5センチ
  • 重量:20.7 g

 

Apple Pencilって結構でかいんですよね、なので持ち運ぶときに意外とかさばります…

Apple Pencilの電池持ち

  • フル充電で、約12時間。
  • 充電速度は、15秒で30分使用できます。

第1世代・Apple Pencilの使い心地

今までのタブレットで使用できるペンと比べると、ものすごく精度が高くなっています。

「Apple Pencil 絵」で検索すると、Apple Pencilで書いたカッコイイ絵がたくさん出て来ますよ。

 

ただ…不満点もあって、ペンの触り心地がツルツルしていること。

これがすごく持ちにくいんですよね。なんでツルツルにした…

あと、iPad自体の画面がツルツルなので、書き心地もツルツルで、とにかくすごくツルツルです。

 

文句も言いましたが、総合評価としてはかなり出来が良いと思います。

出来が良いばっかりに、不満点が惜しい…

2世代のApple Pencil

じゃあ第2世代Apple Pencilのスペックはどうなんでしょうか?

第2世代Apple Pencilのサイズ

  • 長さ:16.6 センチ
  • 重量:20.7 g

重さは第1世代と同じなんですけど、長さが1センチほど短くなっています。

第一世代Apple Pencilは、長くてかさばるので、短くなったのはだいぶスペックアップですね。

Apple Pencilの充電

第1世代・Apple Pencilでは、連続使用可能時間を書いたのですが、第2世代では充電をそこまで気にしなく良くなりました。

というのも、iPadの横にくっつけておくだけで充電できるから。

こうなってしまうと、Apple Pencilは常に充電されているので、どれくらい電池があるかを気にしなくてよいのです。

1世代は不便すぎる。

とにかく第1世代のApple Pencilは不便です。

どこが不便かというと、第1世代Apple Pencilの不満点は3つあります。

不満点は

  1. キャップ
  2. 形と質感
  3. 充電

の3つです。それぞれ解説してきますね。

1つ目の不満点、キャップ

第1世代のApple Pencilって、充電の端子にキャップが付いています。

これがマグネットでくっつくようになっています。マグネットですよ…笑

なので、充電のするときはどこかに置いておかないといけないんですよね。

 

そしてマグネットで止まっているので、カバンの中に生身で入れておくと、気づいたらキャップが付いてないみたいなこともあります。

なぜ、キャップにした!Appleさんよー…

2つ目の不満点、Apple Pencilの形と質感

2つ目の不満点は、第1世代Apple Pencilの形です。

すごくツルツルしていて、丸くなっているので、テーブルに置いておくと、すぐに転がっていっちゃうんですよ。

そんなん考えたらわかるじゃん!笑

 

丸にしないとか、重心を片側に寄せるとかあるじゃん!

Apple社は、デジタル化が進みすぎて、鉛筆とか使わないから、忘れていたのかもしれませんね笑。

3つ目の不満点、充電

3つ目の不満点が充電です。

Apple Pencilって、毎日使うワケじゃないので、たまに使おうとすると充電が切れているんですよね。

じゃあ充電をしようと思うと、こうですよ…笑

 

超絶ダサいですよね。

 

この状態じゃ持ち運びもできません。

 

Apple Pencilって、ライトニングケーブルよりも大きいので、iPadのケースによっては上手く刺さらなくなることもあります。

大葉せんせいもiPad Proのケースを付けたままだとApple Pencilが充電出来なかったので、ケースの1部を破壊しました笑!

 

この充電方法がすっごく不便。

【まとめ】第2世代Apple Pencilは全てを改善してきた

第2世代のApple Pencilは第1世代の不満点を全て改善してきたんですよね。

第1世代の不満点は3つありました。

  1. キャップ
  2. 形と質感
  3. 充電

それぞれの不満点が第2世代ではどうなったのかというと

  1. キャップ…なくなった
  2. 形と質感…丸くなくなった・マットなさわり心地
  3. 充電…iPadに付けておくだけ

いやーすげえ、これってもう不満点ないじゃん笑

 

じゃあ大葉せんせいも追加でApple Pencil第2世代を買えば良いのかいうと、そうもいきません。

Apple Pencil第2世代に対応している機種は、11インチiPad Proと12.9インチiPad Pro(第3世代)だけ。

大葉せんせいが持っているiPad Pro10.5インチは、第1世代にしか対応していないんですよね。

なので第2世代Apple Pencilを買っても使えないんです。

 

じゃあ対応機種ごと買うとなると、10万くらいは出費しないといけないので、それもちょっとなーという感じ。

もしApple Pencilを頻繁に使うのであれば、買い換えても良いかもしれません。

もし今から買うなら、第2世代Apple Pencilと11インチiPad Proと12.9インチiPad Pro(第3世代)

もし今Apple Pencilの購入を検討している人がいたら、第2世代とその対応機種を買っておいて間違いありません。

 

確かに第一世代のApple Pencilの方が安くて、対応している機種も安いので、かなり安く使えるんですけど、不便な環境で使わなくなってしまうことが多いように思います。

 

なので、出費がちょっと多くても第2世代Apple Pencilを買った方が良いですよ!

 

それでは、大葉せんせいでした。