【今なら1冊無料】科学的にAudibleを始めた方が良い理由【Amazon】

  • 2019年10月19日
  • 2019年10月25日
  • 雑記

Amazonのaudibleが科学的に、良い感じのメリットがたくさんあるので紹介していきます。

 

個人的に感じたメリットは、以前のこの記事で紹介したんですが、今度は科学的な目線から紹介しようかなと。

大葉せんせいの雑記ゼミ

みなさんオーディオブックは、利用していますか?   […]…

 

audibleは、耳が空いていれば、できるので、かなりオススメですよ。

 

1冊無料なので、試してみてください!

加速して聴くと、幸福感がアップ

 

以前の記事でも、紹介したんですが、人間は高速で頭をはたらかせるほど、幸福感が増すことが分かっています。

 

普段の生活で、高速で頭を使い続けることってなかなかない状況かと思います。しかしaudibleならば、高速で思考し続けないといけない状況を無理矢理作り出すことができます。

 

audibleでは、音声の再生速度を変えられて、0.5倍〜3.5倍まで0.5倍ずつ変化させられます。

 

具体的に、どんな感情が浮かんでくるかというと…

  • 自信が高まる
  • 創造性が高まる

 

なんで感じらしい。

 

速読ならぬ、速聴は、科学的にもメリットがありそうですね。

 

大葉せんせいは、ブログのアイデアを思いつきたいときに、audibleで加速して聴いたりしていますよ。

 

audibleは、睡眠学習

 

audibleは、睡眠学習に適しているメディアと言えるでしょう。

 

睡眠学習は、科学的に効果が実証されていまして、睡眠中に情報を暗記することができます。もちろん睡眠中ですので、文字情報は、見ることができませんので、睡眠学習では、音声情報を用いることになります。

 

人は、レム睡眠(浅い睡眠)のときに聴いた情報は、記憶されているのです。

 

大葉せんせいは、テレビをつけたまま寝てしまった経験が度々ありますが、夢の内容がテレビの内容に影響されていることが、よくあったので、寝ているときでも音声を処理しているのは間違いないですね。

 

しかし睡眠学習には、条件があって、新しい情報を覚えるのには向いていないそう。つまり睡眠学習は、復習専門の学習法。なので1度日中にaudibleを聴いてから、寝ているときにもう一度聴けば、記憶の定着が見込めるかと。

 

電車通勤のストレスを最小限に

 

audibleは、電車通勤のデメリットを最小限まで少なくしてくれます。

 

電車通勤は、人生の満足度を大きく下げることが分かっています。電車通勤と満足度に関しては、以前に記事を書いていますので、そちらをどうぞ。

 

 

大葉せんせいの雑記ゼミ

どうもー大葉せんせいです!   大葉せんせいが毎日 […]…

大葉せんせいの雑記ゼミ

前に、「満員電車通勤のダメージがでかすぎる」って記事を書きま […]…

 

 

簡単にいうと、通勤が20分増えると、そのストレスで、給料が19%減るとか。通勤で、肥満になるとか。

 

満員電車の通勤が悪なのは間違いありません。

 

じゃあどうしたら、電車通勤のデメリットを最小限にできるのでしょうか?

 

それは、ハーバード・ビジネス・スクールの発表によると、通勤時間を有効に使えているという感覚があると、デメリットを最小限にできるそう。

 

電車通勤を有効に使う例をあげると…

  • audibleを聴いて勉強する
  • 本で勉強をする
  • ブログをかく
  • アイデアを練る

とかですかね。

 

実際、大葉せんせいが、ブログを始める前に電車通勤しているときは、スマホゲームなんかをしていたので、ものすごくストレスでした。しかし電車通勤で、ブログを書き始めてからは、かなりストレスが減ったように思います。

 

audibleであれば、満員電車の中でも、勉強できて、結果としてストレスも減るので、電車通勤の人には、かなりオススメ。

 

動画よりも感情移入できる

 

人間は、声だけの方が感情を読み取れることが分かっています。

 

イェール大学の実験で、

  • 動画だけ
  • 動画+音声
  • 音声だけ

 

の3パターンに分けて、どれが1番感情を読み取れるかテストしました。その結果なんと、1番感情を読み取れるのは、音声だけを使った場合でした。

 

人間は、感情を読み取るときに、表情ばかり気にしてしまいますが、音声をもっと気にした方がいいのです。なぜ動画+音声や、動画だけよりも、音声の方が感情を読み取れたかというと、情報量が少ないからじゃないかと言われています。

 

人間は、知覚情報の8割を視覚に頼っています。その他の五感で2割を知覚しているといえこと。視覚は多くの情報を得ることはできますが、情報量が多すぎて、感情のような細かい観察が必要な部分に集中できないのです。

 

なので音声のように、情報をしぼると、感情の細かな部分まで観察できるということ。

 

つまり映像作品よりも、音声だけの方が、登場人物の感情がより際立って面白いってこと。

 

意外ですけど、聴いてみると分かります。大葉せんせいも、本で読んだら大したことなかった『星の王子様』をaudibleで聴いて、号泣したことがあります。やっぱり音声で聞くと、登場人物の感情がよく分かる分、感動も大きくなります。

 

なので意外と小説をaudibleで楽しむのは、アリですね。

 

『君の名は』は、声優の小林ゆうさんが朗読していますし、ラノベなんかは登場人物ごとに声優を変えていたり、音声だけも意外と面白いので、試してみてください。1冊無料ですよ!

 

科学的なデメリットもあるよ

audibleの科学的なメリットを紹介してきました。しかしもちろんaudibleの科学的なデメリットもあるので、そちらも紹介きておきましょう。

 

audibleは文字よりも、集中力が続かないよー

 

audibleは、文字情報よりも集中力が持続しなくて、情報を忘れやすいよーと言われています。

 

たしかにaudibleを聴いていると、紙の本よりも、他のことを考えちゃって、内容が入ってこないなんてことが頻繁に起こる感じがしますね。

 

なので腰を落ち着けて、手もフリーな場合は普通に本を読んだ方が良いかと思います。しかしaudibleのメリットは、耳が空いていれば、聴ける点。満員電車とか、運転しながらなら、audibleですよね。活字がいいか、音声がいいかは、タイミングによるので、一概に、どっちがいいとは言えないかと。

 

Kindleとaudibleは、とんとんぐらい

活字の本とaudibleであれば、活字の方が、記憶に残りやすいということは分かりました。しかし、電子書籍とaudibleを比べた場合ではどうなのでしょうか? つまりKindleとaudibleでは、どちらが記憶に残るのか?ってことです。

 

ペンシルバニア大の実験では、Kindle 対 audibleは、引き分けだったそう。どちらも同じくらい記憶できていたということですね。

 

記憶のことをかんがえれば、全部活字の本がいいんですが、利便性を考えるとそうも言っていられないので、大葉せんせいは、Kindleとaudibleをタイミングによって使い分けて行こうかなと思っています。

 

まとめ 科学的にメリットが大量にあるぞ、audible

 

今回紹介した、メリットとデメリットをまとめてみたいと思います。

まずメリットは…

  • 幸福感があがる
  • 睡眠学習できる
  • 電車通勤のストレスを最小限にできる
  • 動画よりも、感情移入できる

 

デメリットは…

  • 活字よりも、記憶に残りづらい

 

 

こんな感じですね。大葉せんせい的には、メリットの方が多いので、使ってみるのが良いんじゃないかと。

 

1番意外なメリットが、audibleの方が感情移入できるってことだと思います。使ってみると、かなり良いんで、みなさんも試してみてください!30日無料ですよ!

 

>大葉せんせいとは?

大葉せんせいとは?



ブログ月間5万PV「面白い考え方が身につく記事」をテーマにブログ更新中。記事の内容は、アニメ〜経済まで幅広く! テレビ局勤務。企業で働くことに疑問を持った25歳
もっと詳しくTwitterFacebook

note

欲しいもの

CTR IMG