【文章術】ブロガーは“面白い”って言葉を使ってはいけない【ブログ】

大葉せんせい
大葉せんせい
どうもー大葉せんせいです。
大葉せんせいがよく使う言葉で、「面白い・すごい」って言葉があります。

でも思ったんですけど、「面白い・すごい」って、ブロガーが使っちゃいけない表現なんじゃないでしょうか?

 

だって、映画の感想を書くにしても、「面白いよ」って書いちゃったら終わりですからね。

それ以上の感想が出てきません。

 

なので特にブロガーは、「面白い・すごい」って言葉を使ってはいけません。

「面白い・すごい」じゃ記事が書けないですからね。

 

ということで今回はブロガーは、「面白い・すごい」って言葉を使ってはいけないという話をします。

大葉せんせい
大葉せんせい
今回は、面白くて、すごい記事が書ける予感…笑

世界で多用される「面白い・すごい」

大葉せんせいも多用するんですけど、世界には「面白い・すごい」って言葉が溢れています。

特にSNSとかで、映画の感想を漁ってみると、「〇〇って映画、面白いよ!」とかツイートが沢山あります。

この「〇〇面白い」っていうツイートには、全く価値がありません。

情報量でいうと、ほとんどゼロです。

 

「〇〇面白い」は個人の感想でしかなくて、自分にも当てはまるかは分からないですからね。

  • 面白いにも、どうだったから面白いのか?
  • 逆につまらないんだったら、どんな風につまらないのか書けます。

その理由が納得できれば、自分にも当てはまる可能性が高いので、見に行くか行かないかを決める材料になるワケです。

 

面白いっていうのは、簡単なので、みんな面白いっていう感想で終わらせてしまうのでしょう。

「面白い・すごい」は思考の停止

大葉せんせいが思うに、「面白かった。すごかった。」っていう感想は、何にも考えていないの同じだと思っています。

  • 面白かったなら、面白かった理由があるハズですし、
  • スゴかったなら、スゴかった理由があるハズです。

でも感想を書くときに「面白かった」って書いてしまうと、それ以上どこが面白かったのかを考えなくなりますよね。

つまり「面白かった」は思考の停止なんじゃないかと。

エッセイには、面白いは出てこない

大葉せんせいが読んでいて「読んで良かったな。勉強になったな。」と思う文章には、「面白い・すごい」という言葉を使っていないように思います。

例えば文筆家の書くエッセイだと、ほとんど「面白い・すごい」って言葉は出てきません。

なんでかっていうと、「このドラマが面白かった」とかいうだけの文章を別に読みたくないですよね。

もし、映画の感想を読むとしら、もっと内容のあるものを読みたいと思うハズです。

 

中身のある文章というと、「このドラマは、こういう所に注目してみると、世の中の情勢をよく汲み取れて、時代性をよく表している」とか。

エッセイでは、ただ「面白い」って書くんじゃなくて、「どこの部分をどう感じたか」っていう風に書いてあるハズです。

「面白い」という言葉を自分なりの文章で表現しているんですね。

面白い文章には、こういう考え方が重要になってきます。

小説では、ありふれた文章は禁止

例えば、小説家でもあるジャニーズの加藤シゲアキは、小説では四字熟語はご法度だと言っていました。

というのも、四字熟語は昔から使われている言葉なので、ありきたりな表現になってしまうのだそう。

四面楚歌っていうよりも、「チョコが熱々アイロンに囲まれた」とか言い換えたほうが独自の文章が書けて、興味をひく文章になるということ。

 

「面白い」っていう感想は、ありふれているので、興味をひく文章ではないんですよね。

 

ありふれた言葉で書かないという考え方は、ブログにも応用できます。

【まとめ】特にブロガーは、面白いで終わらせると何も生まれない

ブロガーが、映画の感想をブログに書くときに、面白かったって書いてしまうと、1行で終わってしまいます。

でも面白いという言葉を使わずに、「ここがこうなっているので、つまりあの話は、〇〇のメタファーというところが見どころ」って書くとブログの記事になりますよね。

 

桃太郎で考えてみると「桃太郎とは、天皇家のメタファーで、鬼は外国人という説もある」とか書くと考察っぽくなって、読みがいのある記事になります。

なのでブロガーは、「面白い」「すごい」という言葉を使わない方がいいんです。

「面白い」「すごい」だったら、小学生でも書けますからね…

大葉せんせい
大葉せんせい
今までの大葉せんせいは、小学生並みでした…

 

大葉せんせいも、今までは「面白い」「すごい」という言葉を多用していたのですが、今後は禁止して書いていこうと思います。(時と場合によります!笑)

語彙力増えろ!

それでは、大葉せんせいでした。

最新情報をチェックしよう!
>大葉せんせいとは?

大葉せんせいとは?



ブログ月間5万PV「面白い考え方が身につく記事」をテーマにブログ更新中。記事の内容は、アニメ〜経済まで幅広く! テレビ局勤務。企業で働くことに疑問を持った25歳
もっと詳しくTwitterFacebook

note

欲しいもの

CTR IMG