【レビュー】歯ブラシは、クラプロックス最強【CURAPROX】

みなさん、歯ブラシ沼にハマっていませんか?

大葉せんせい
大葉せんせい
どうもー大葉せんせいです
大葉せんせいは、今までいろいろな歯ブラシを使ってきたんですけど、コレだ!ってものに出会えませんでした。

 

そんな中行き着いたのが、クラプロックス!または「歯ブラシ界の革命児」という呼び名がふさわしいでしょう。

 

大葉せんせいは、クラプロックスを使って気づいたのは、意外や意外にも、普通の歯ブラシって、毛の本数が足りてないってこと。

 

クラプロックスかなり良いので、紹介していきます!

 

 

クラプロックスとは

 

歯ブラシ クラプロックス CS5460 ウルトラソフト 植毛5460本

 

スイスの会社が作っている歯ブラシで、Amazonでは、星4.6をほこっています!(執筆時)

 

マツコの知らない世界でも紹介された歯ブラシで、歯ブラシに詳しい人の間では、かなり有名みたいです。

 

大葉せんせいも前に、歯ブラシの記事を書いたときに、興味があったのですが、価格も高いのでなかなか手が出ませんでした。(そこまで高くない笑)

 

大葉
今回買って使ってみて、かなり良かったので、みなさんにも紹介しまーす!

どこがすごいのか?

キュラプロックス5460・ウルトラソフト歯ブラシ

キュラプロックスのどこがすごいのかって言うと、毛量!

 

なんと普通の歯ブラシの3倍の毛量がある。触ってみるとわかるのだが、たしかに毛量が違う。

大葉
へぇー3倍かー。

 

そんなに3倍が良いなら、他にも商品出てるはずだと言う方もいると思う。

 

ですが使ってみると明らかに毛量3倍は、使い心地が良い。

 

使った感想

クラプロックス 歯ブラシ CS1560 ソフト

 

毛量が3倍になると何が良いのだろうか?

 

みなさん感じたことがあると思うのだが、歯磨き後に、舌で歯を触って、ここの歯磨き残してたなーと思うことがあると思う。

 

もう一回そこの歯を磨いたものの、なんだか磨き残してる感があるなー…ってこと。なんでこの現象が起きるのかと言うと、歯ブラシの毛量の少なさから起きているのです。

 

普通の歯ブラシは、接地面積が少ないので、歯の面を磨いても、意外と磨き残しちゃう。

 

しかしクラプロックスは、毛量3倍なので、接地面積も3倍で磨き残しなし!

 

今までは、このタイプの歯ブラシが最強かと思っていたんですが違いました。

 

このタイプの歯ブラシも毛量が多いので、重宝されているので、だったら最強の毛量をほこるクラプロックスの方がいいですね。

 

デメリット

キュラプロックス7600・スマートソフト歯ブラシ

 

デメリットは、値段が高いこと。

 

普通のドラッグストアでは売っていないので、Amazonとかの通販で注文することになるんですけど、値段は約1000円。

普通の歯ブラシの3倍。毛量も3倍。という感じです笑。

 

ただ歯ブラシを交換しなければいけない期間も3倍になっているので、特別に高くはないかと。

大葉
ただ歯ブラシに1000円は、最初驚きますよね。

 

大葉せんせいは、PHILIPSの電動歯ブラシを使っていた時期もあります。電動歯ブラシと比べても、磨き心地がいいので、使ってみて損はないかと。

 

歯ブラシは、お金を払った分だけ、良いものが手に入りますね!

まとめ

 

口腔環境が脳のパフォーマンスに影響するという研究があります。

 

ルイビル大学のマウスを使った研究では、歯を磨かないとボケるよって話になっています。人にも適用できるかはナゾですが、気を付けておいて損はないかと。

 

大葉せんせいは、激しくキュラプロックスをオススメしています。

 

それでは、大葉せんせいでした。

 

最新情報をチェックしよう!
>大葉せんせいとは?

大葉せんせいとは?



ブログ月間5万PV「面白い考え方が身につく記事」をテーマにブログ更新中。記事の内容は、アニメ〜経済まで幅広く! テレビ局勤務。企業で働くことに疑問を持った25歳
もっと詳しくTwitterFacebook

note

欲しいもの

CTR IMG