将来について不安がなくなる、たった2つの方法とは?

大葉せんせい
大葉せんせい
どうもー大葉せんせいです。
今回は、人間の悩みについて回答してみようと思います。

どんな悩みかというと「将来に対しての不安」についてです。

最近老後の資産は約3000万必要という話がニュースになりましたよね?

みなさん、こういうニュースとかを見ると、将来へのぼんやりとした不安が形成されるんじゃないでしょうか?

大葉せんせいも、学生のころは、将来に対しての不安がありました。

 

[box class=”blue_box” title=”大葉せんせいが抱いていた不安”]
  • 良い仕事につけるんだろうか?
  • お給料は貰えるんだろうか?
  • 食べていけるんだろうか?
  • この仕事を続けて良いんだろうか?
[/box]

 

みなさんは、どうでしょうか?

こんな不安感があるんじゃないでしょうか。

 

しかし、その問題は、すでに2400年前アリストテレスが答えを出しています!

大葉せんせいは、以前はこういった不安感だらけの人間でしたが、現在こういった不安感が全く無くなったので、その考え方を伝授していきます!

将来を考えても意味がない

将来って、未確定要素だらけですよね。

だとすると将来の不安は、考えても意味がないんじゃないでしょうか?

 

[box class=”blue_box” title=”将来の不安”]
  • 良い仕事につけるんだろうか?
  • お給料は貰えるんだろうか?
  • 食べていけるんだろうか?
  • この仕事を続けて良いんだろうか?
[/box]

 

こういった不安について対策を考えていても、実際には、不確定要素が多すぎるので、対策しても意味がないのです。

  • 今働いてる企業が倒産するかも知れませんし。
  • 年金制度も無くなるかも知れません。

これだけ不確定要素があると、将来なんて予測できません。なので、考えても意味が無いのです。

「じゃあこの不安感はどうすればいいの?」と思った方も居ると思います。

 

その答えは、アリストテレスが回答しています。不安感については1回忘れて、現在に集中してください!

アリストテレス「今に集中しろ」

アリストテレスは、行動を2種類に分けています。

 

[box class=”blue_box” title=”アリストテレス的、行動2元論”]
  1. 現在の自分のためにする行為
  2. 将来の自分のためにする行為
[/box]

 

みなさん、知らず知らずのうちに、現在の自分のための行為ではなくて、将来の自分のために行動しているんじゃ無いでしょうか?

実は、将来の自分のために行動するのは問題があって、それは現在の自分がないがしろなることです。

いくら将来の不安について考えても、現在が幸せになることはないですからね。

大葉せんせい
大葉せんせい
今の自分のために生きろ!

ソクラテスは、不確実性の高い将来について考えるよりも、現在の幸せを追求しろと言っているのです。

将来について考えたら、将来の不安が減るのか?

「将来に対しての不安を減らすんだったら、将来について考えた方が良いんじゃないの?」と思う方が多いと思います。

しかし逆なんです。

例えば、世界のジャングルの奥地で暮らすような部族の中には、未来という概念を持たない部族もいます。

彼ら部族は将来について考えずに、今を全力で生きているのです。

彼らの幸福度について調査すると、総じて高水準。

将来についての不安をなくすためには、今現在を全力で生きる必要があるのです。

 

私たちは、未来という概念も持ってしまったばっかりに不安にかられますし、貯蓄をするのです。

将来とは、現在が連続した結果

将来の不安を消すためには、現在に集中するべきなのです。

なぜなら将来は、現在が積み重なった結果だから。

 

例えば10分後の将来について考えると分かりやすいと思います。

10分後楽しい気分になるためにはどうしたら良いでしょうか?

10分後に楽しい気分になるためには、現在の自分が音楽を聴いたり、踊ったり、楽しくなるようなことをしますよね。

つまり、人は10分後の将来を、現在の自分が連続した姿だと考えているのです。

10分後だと想像しやすいからでしょう!

 

しかし30年後について考えると、人間は現在の自分が連続した姿だとは、考えられなくなります。

30年後だと、今行った努力が結果に反映している姿が思い浮かび難いのでしょう。

ですが30年後だとしても、10分後も規模が違うだけで、将来には変わりありませんよね。

なので、将来について不安を解消したいんだったら、現在を全力で行動すれば良いのです!

 

例えば、将来サッカーで食べていけるか考えるよりも、ドリブルの練習を一生懸命する方が!将来サッカーで食べていける確率は高くなるワケです。

ということで、現在に集中するべきという話をしてきましたが、具体的にどんなことをすれば良いのでしょうか?

現在に集中する方法は、2種類あるので、紹介していきます!

現在に集中する方法!

現在に集中しろ!って話をしてきましたが、現在に集中するにはどうしたら良いのでしょうか?

大葉せんせいが体験してみて良かった方法が2種類あるので、紹介していきます!

マインドフルネス

マインドフルネスとは、そのまんま集中という意味です。

人間って、普段何をしていても、いろんな思考が浮かんでは消えたりを繰り返していますよね。

本当に集中している状態って、かなり少ないと思います。

その中で最近流行っている方法がマインドフルネス瞑想です。

 

マインドフルネス瞑想は、Googleが採用していたり、ハーバード大学でも研究されていて、確実に効果があります。

どうやってやるかというと、呼吸に集中して、6秒かけて息を吸って、12秒かけて息を吐きます。その間に、呼吸以外のところに意識がいくと思いますが、呼吸に意識を戻してください。それを20分ほどやると良いでしょう。

それだけ!

それだけで、集中力が高まって、幸福感が増すということが分かっています。

みなさんやってみてください。

フロー状態

フロー状態とは、集中して我を忘れること。

例えば、野球選手がピッチャーが投げたボールが、マウンドに着くまでスローに見えたという話をしています。あれは例えではなくて、本当にそう感じているのです。

それがフロー状態。

 

極限まで、行なっていることに集中すると、時間感覚も狂ってきます。

誰でもあるのが、ゲームをしているときに、気付いたら夕方だったなんてことありますよね。あれもミニフロー状態と言えます。

フロー状態については、ノートでまとめているので、読んでみてください!

note(ノート)

どうもー大葉せんせいと申します! ブロガーのみなさん、ブログをもっともっと集中して書きたいと思っているんじゃないでし…

【まとめ】現在に集中すると、将来の不安は無くなる

将来への不安の解決の方法として、現在に集中することだと言いました。

それがなぜかというと、現在に集中して行動すると、それが将来の良い結果を生むから。

絵描きになって食べていけるか不安に思うよりも、絵の練習をした方が明らかに、将来のためになりますよね。

それと一緒で、全力で現在を頑張れば、将来の不安が無くなるのです。

 

そして、全力で現在に集中するための方法として、マインドフルネス瞑想とフロー状態紹介しました。

どちらの方法も大葉せんせいはやっているのですが、不安症だった性格がガラッと変わったので、みなさんも試してみてください!

それでは大葉せんせいでした!

最新情報をチェックしよう!
>大葉せんせいとは?

大葉せんせいとは?



ブログ月間5万PV「面白い考え方が身につく記事」をテーマにブログ更新中。記事の内容は、アニメ〜経済まで幅広く! テレビ局勤務。企業で働くことに疑問を持った25歳
もっと詳しくTwitterFacebook

note

欲しいもの

CTR IMG