初めて有料ノートを書いてみたよという話

大葉せんせい
大葉せんせい
どうもー大葉せんせいです。

大葉せんせいは、有料ノートを書いてみました。

 

有名なブロガーは、よく有料ノートがいくら売れたみたいな話をしているじゃないですか。

大葉せんせいも、一応ブログをやっているので、そういうのを良いなーって思っていました。

 

なので大葉せんせいも、ノートを書いてみようと。

 

ただ、大葉せんせいが有料ノートを売るのには問題があったんですよね…笑。

 

なので、今回は有料ノートを書いてみたよって話と、弱小ブロガーが有料ノートを書くときの問題点についてです!

有料ノートを書いてみた

大葉せんせいが書いたノートはこちら

ブログをすさまじい集中力で書く方法です。

 

有料ノートって個人的な体験とか、感想とかが多いですよね。

大葉せんせいは、正直そういうのには興味ありません。

だって、その人の経験が万人に当てはまる可能性は、低いですからね。

なので、大葉せんせいは、集中してブログを書く科学的な方法を書いています。

 

ブログの書き方については、ブログでも記事をいくつかあげています。

でも今回の内容は、ブログに書くものよりも充実させて書きました。

 

ノートの内容を実践すれば、余裕で500円くらいの元は取れます。

しかも実践も難しいことじゃないんですよね。

なのでブロガーには、ぜひ買って読んでみてください!

なんでノートを書いたか?

なんで有料ノートを書いたかというと、お金が欲しいからです!笑

 

有料ノートって、いろんなブロガーが出していますよね。

有料ノートで、数十万稼いだとかSNSで発信しています。

それをみて良いなーと以前から思っていました。

 

そこで有料ノートって、内容どうなっているんだろうと思って、購入してみました。

そうすると、内容って超しょうもないことが多いんですよね笑。

「内容だけだったら、余裕でこいつらに勝てるなー」って思っちゃいました。

 

例えば、ブログーのSNS活用法の有料ノートの結論が、意味のある“つぶやき”をたくさんするですよ。

そんなん当たり前なんですよね。

そんなアイデアも何もないノートを有料で売っているなんて…

しかも結構売れているなんて…

 

そこで思いました。

「俺なら、もっと内容のあるノート書ける!」

そう思ったら、書くしかないですよね。

なんで500円にしたか

ということで、「すさまじい集中力でブログを書く方法」を書き上げました。

書き終わると、値段を決めます。

 

値段どうしようかなーと思ったんですけど、500円にしました。

なんで500円にしたかというと、だいたいそれくらいは余裕で価値あるかなーと思ったからです。

 

新書の本って、だいたい1000円くらいですよね。

新書の本の半分くらいは、余裕で価値があります。

でも1000円だと、なかなか手が出ないと思うんですよね。

なので500円という、有料ノートでよくある価格設定になりました。

 

ただ正直、ノートの内容を実践すれば、余裕で新書よりも価値があると思うんですよねー。

【問題】圧倒的に知名度が足りない。

正直今回書いた有料ノート「すさまじい集中力でブログを書く方法」は、かなり良い内容だと思います。

科学的な根拠もありますし、どっかの記事・本をパクった内容でもないです。

他の有料ノートよりも内容も充実しているんですよね。

ということから考えると、問題が無さそうなんですけど、1番大きな問題があります。

 

それが、“大葉せんせい”に知名度がないこと!

 

圧倒的に知名度がありません。

知らない人のノートって買わないですよね笑

なので大葉せんせいのノートは、売れないと思うんですよね。

 

だって有料ノートって、中身が見れないワケなので、誰が書いたかで買うしかないんですよね。

だったら、有名なブロガーのノートを書いますよね。

 

ただ大葉せんせいは、異論があります。

有名ブロガーのノートの内容は、しょうもないよってことです。

内容のあるノートを読みたい人は、試しに大葉せんせいのノートを買ってみてください!

【まとめ】売れるワケない笑

有名ブロガーの有料ノートよりも、内容あるノートを書きました。

でも大葉せんせいは、知名度が全くなので売れるワケないんですよね。

 

悲しい限りですが、意味がなかったということもないと思います。

 

ブログの宣伝方法で1番重要なのは、SNS の活用です。

今までは、ツイッターだけで宣伝していました。

しかしSNSは他にもいっぱいあるので、ツイッター以外も活用した方がいいんですよね。

 

ノートも言ってしまえば、SNSの1つなので、今回の有料ノートも宣伝にはなったと思います。

まぁ、でもノートが売れるのが1番いんですけどね。

それでは、大葉せんせいでした。