【iPhone】iOS13 の使用感先行レビュー&感想【アップデート】

大葉せんせい
大葉せんせい
どうもー大葉せんせいです。
大葉せんせいは、iOS13 のbeta版を導入したので、レビューしてみます!

ハッキリ言って、凄いですよiOS13。

 

洗練されたOSを毎年アップデートし続けるって、さすがAppleですよね。

ということで、早速レビューしてみます!

OSの高速化

Appleの発表によると、OSの動作が高速化したとのこと。

Face IDの認識速度を30%向上、アプリのダウンロード容量を50%削減、アップデートを60%高速化したといったデータを紹介。アプリの起動速度も2倍に高速化とする。

アップルWWDC19の発表より

大葉せんせいの体感になりますけど、アプリの起動とかは、速くなっている気がします。

Face IDも言われてみると高速化していますね。

 

世の中には、アップデートごとに遅くなるOSもあるので、OSアップデートして高速化ってすごいですよね。

高速化だけでもアップデートする意味があります!

ダークモード

最近話題のダークモードですね。

Mac OSには、すでにあって結構気に入っていたので、追加してくれて嬉しい機能ですね。

夜って、白ベースの画面だとNight Shift使ってても眩しいんですよね。

いっそ黒ベースにして欲しいなーと考えていました。

やっとiOS13 で採用されました。

こんな感じですね。

Night Shift同様、お昼は白ベース、夜は黒ベースと時間設定で自動的に切り替えることが出来ます。

黒ベースは、見た目もカッコいいので、よろしいんじゃないでしょうか!

Safariの変更点

今回Safariが大幅に改善したので、報告していきます!

ダウンロードマネージャーの追加

Safariで何か、ファイルをダウロードしたことありますか?

今までは、ファイルをダウロードした画面を閉じてしまうと、ダウンロードファイルがどっかに行っちゃってました。それに加えて、ダウンロード履歴とかは見れませんでした。

しかし今回は、ダウンロードマネージャーが追加されたおかげで、画面を閉じてもファイルが消えませんし、履歴を見れるようになっています!

これは大きな改善点!

Safariタブを自動で閉じる

Safariは、ブラウジングしていると、自然とタブが増えがちですよね。

大葉せんせいも気づくと、数十個タブを開いていて、メモリがカツカツになったりします。

いちいちタブを全部消すのも面倒くさいんですよね。

そんな人のための機能が生まれました。

どんな機能かというと、一定期間開きっぱなしのタブを自動で閉じる機能!

1日、1週間、1ヶ月を選ぶことができます。

大葉せんせいは、1日を選択していますね。

Safari起動中に直接設定をいじれる

これがSafariの機能改善としては、1番大きいですね。

Safariって、iPhoneの設定からしか、設定変更ができませんでした。

文字の大きさとかの変更が、Safariから直接出来る様になりました。

最高ですね!

文字入力の変更点

意外と文字入力が進化しているので、使用感を書いていきます。

スライドバー

大葉せんせいが、地味に1番嬉しいのが、スライドバー。

今までも表示されてはいたんですが、操作用ではなくて、ファイルのどの辺りにいるかを示すものでした。

しかしiOS13 では、スライドバーが操作できるようになったのです!

 

大葉せんせいは、メモアプリをめっちゃ使っていまして、文書量がすごいことになっているんですよね。

なので、今までスクロールが大変でしたが、この機能でかなり高速化されたかなと。

やり方は、スライドバーを長押しすると、スライドバーをグイングイン動かせるようになります。

これ、かなり便利!

戻る・進むボタン

地味に今まで無かった機能が、戻る・進むボタン。

今までは、振ると入力をキャンセルできましたが、それがついにソフトキーとして登場しました!

3本指で、ダブルタップすると出てきます。

大葉せんせいは、あんまり使っていませんが、あって困る機能ではないので、嬉しいですよね。

範囲選択

今までのiPhoneの最悪なところって、範囲選択でしたよね。

範囲選択も改善しています。

長押しをしながら指を動かすと、現在カーソルがあるところから、範囲を選択してくれるようになりました。

大葉せんせいは、iPhoneでブログを書いているので、めちゃ嬉しい機能ですね。

写真アプリの使用感

写真アプリも地味に変わっています。

アルバムの見え方が変わりましたね。

こんな感じです。

良い写真を自動で大きく表示してくれるので、良い写真を見つけたい人には良いかも。

あと動画は一覧画面で、勝手に再生されるので、見つけやすくなりましたね。

写真の調整機能が進化している

写真の調整機能は、今までもあったんですけど、かなり進化しています。

今までは、別個に写真加工アプリを入れていましたが、もう必要ないかなと。

シャープネスとか、ブリリアンスとか、ブラックポイントとか、を調整出来る様になりました。

さらに写真の調整で、写真の傾きも補正できるようになりました。これも嬉しい機能ですよねー!

さらに左右反転も簡単に出来る様になっています。

なんだか、最強の写真アプリに進化したようですよ!

共有の使用感

共有のメニューも、なんだか新しくなっています。

今まで使えていた機能が、ひとまとめになっている感じで、結構良いと思います。

大した変化ではないですが…

コントロールセンターの使用感

Wi-Fiの選択と、Bluetooth機器の選択がコントロールセンターから自動で行えるようになりました。

地味に便利ですよね。

今まではWi-Fiのオンオフしかできませんでしたから。

Wi-Fiオンにしたのに、どのWi-Fiにするか選ぶのは設定からというのも、よく分からなかったので、使いやすくなったと思います。

大きなメリットではないですが。

バッテリーの寿命がのびる

これ意外と超良い機能なんじゃないかと思っています。

新機能で、バッテリーの充電の最適化してくれます。

iPhoneが勝手に充電の周期を計算してくれて、バッテリーの寿命がのびるようにしてくれるのです。

Appleによれば、充電を80%以上になったらゆっくりと充電し、充電100%の時間を短くすることで、バッテリーの寿命を伸ばすそう。

この機能は、もちろんオンオフできます。

でもバッテリーの寿命がのびるのは嬉しいので、大葉せんせいは当然オンですね!

ヘルスケアの新機能

追加された機能の中で、大葉せんせいがトップレベルに嬉しかった機能で、ヘルスの聴覚保護機能。

どういう機能かというと、みなさんがイヤホンで聴いている音量をdBでお知らせしてくれる機能です。

イヤホンって、大音量で聴くと楽しいですが、難聴になる危険も高まります。

どの程度の音量なら大丈夫で、どの程度の音量がアウトなのかって、今まで分かりませんでしたよね。

今回追加されたアプリは、何dBか教えてくれるので、大音量になりすぎずにすみます。

スクリーンタイムを共有できるようになった

これも地味に嬉しい機能なんですが、Appleハードでスクリーンタイムを共有出来る様になりました。

すでにiOS12からスクリーンタイム機能はありましたが、それはiPhoneだけでした。

ですがiOS13では、iPhoneも、MacBookも、iMacも、集計してくれて、まとめたデータを表示してくれます。

やっぱり自分のやっていることが、数字で見れるっていうのは面白いので、今回のスクリーンタイム共有は良い改善かなと!

アプリごとに制限時間を設けれるようになった

この機能は、神ですよ!

みなさん絶対に使うべき機能てす!

なんとiOS13では、アプリごとに1日の使用制限時間を設定できるようになりました。

みなさん、あんまり見ないようにしたいけど、見ちゃうアプリってありませんか?

例えばTwitterとか、インスタとか、アドセンスの収益とか。別に何度も見たからといって、何かあるわけじゃないのに、何となく見ちゃいますよね。

そして時間を無駄にしてしまいますよね。

ですが今回の機能で、1日の制限時間を1分刻みで設定できるようになりました。

大葉せんせいは、早速Twitterの制限時間を5分に設定しました。

制限を超えると、こんな画面が現れます。

データ通信の進化

データを通信も進化しています。

どんな機能が追加されたかというと、省データモード!

省データモードとは、iPhone上のAppのネットワークデータの使用を減らすことが出来ますとのこと。

つまりアプリが勝手に通信してしまうデータ量を減らしてくれるってことです!

なので、とりあえずオンにしとくべき機能なんじゃないでしょうか?

いらない通信とかされても、通信容量が減るだけですからね。

残念な点

残念な点はほとんど無いのですが、一応あります。

大葉せんせいが楽しみにしていた機能で、QuickPathというのがあります。

どんな機能かというと、文字入力のときに、わざわざ指を離さなくても、入力出来る機能。

文字入力が早くなるなら最高じゃんということで、期待したんですが日本語はQuickPathに対応してないんですよね。

残念!

【まとめ】iOS13は、全員がアップデートすべき神OS

ということで、大葉せんせいが使っていて気になった機能を紹介していきました。

しかしiOS13の機能は、これだけじゃありません。

紹介しきれないほどの進化をしています。

 

あとは、みなさん使ってみてのお楽しみですね。

 

ハッキリ言って神OS、それがiOS13。

それでは、大葉せんせいでした