【Kindle Unlimitedで読める】Kindleのオススメ本ランキング【Amazon】

  • 2019年10月2日
  • 2019年10月1日

みなさんKindle Unlimitedには、加入していますか?

Amazonのサブスクリプションといえば、Amazonプライムビデオを思い浮かべる人も多いと思いますが、Kindle Unlimitedも充実してきています。

ラインナップの中には、かなり面白いものもあるので、紹介していきます。

月1000円で読み放題なので、面白い本を見つけられれば、かなりお得ですよ。

無料期間もあるので、試してみてください。

あと今回紹介する本は、Kindle Unlimitedじゃなくても買う価値があると思います。Kindle Unlimited加入するのはめんどいなーと思う方は、購入しちゃってください笑。

[kanren postid=”3109″ date=”none”][kanren postid=”3020″ date=”none”][kanren postid=”2948″ date=”none”]

第1位『サイコスタッフ』

サイコスタッフ 新装版

サイコスタッフは、大葉せんせいが好きな漫画家、水上悟志先生の1巻完結漫画。

 

水上悟志のSF感が面白いんですよねー。

『サイコスタッフ』は、タイトルの通り、超能力もの。

 

主人公は、50億人に1人と言われるB級エスパーの高校生。宇宙軍にエスパー隊員として加入してほしいという要請を受けます。

 

もちろんB級エスパーは、50億人に1人で、貴重な人材なので、年収も地球の通貨で、1億円ほどを提示させるのですが、そんなこと気にも留めず、受験勉強をしています。

 

超能力を使えば、簡単に就職できるし、宇宙軍に行けば、高年収も夢じゃない。なのに主人公は、受験勉強という普通の努力を続けます。

 

普通じゃない能力を持っていても、普通の努力を続けるって難しいけど、大事だよなーと。アインシュタインも、勉強を全くしなかったら、相対性理論を思いついたりできなかったはずです。

 

そういった気づきもあるんですが、普通に漫画面白いので、オススメですね。

created by Rinker
¥396(2019/11/20 07:11:08時点 Amazon調べ-詳細)

第2位『モチベーション革命』

モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書 (NewsPicks Book)

大葉せんせいは、大学で社会主義経済をメインテーマにしながら、資本主義経済も学んでいました。

そんな大葉せんせいですが、今はどちらの経済も正解ではないのでは? と考えております。

大葉せんせいが今押しているのは、評価経済という仕組み。

 

評価経済という考え方が面白いと思ったキッカケになったのが『モチベーション革命』です。

そしてブログを始めたのも、『モチベーション革命』の影響でもあります。

少し未来の社会について、書かれていますので、未来を見通したい人にオススメです。

第3位『服用危険』

服用危険 飲むと寿命が縮む薬・サプリ (鉄人文庫)

大葉せんせいは、大腸がんになる確率が76%も増えるようなサプリを飲んでいました。

サプリや健康食品って、知識がないまま飲んでいると、結構やばいヤツがあるんですよね。

 

いろいろな健康に良いと言われている食品について語ったのが、この本『服用危険』です。

健康になりたければ、まず読んだ方が良い本です。

 

この著書の良い点は、論文をベースにフラットな意見として書かれているところ。

よく本屋に並んでいる、『絶対に食べちゃいけない食品50』みたいな、よく分からない根拠で書かれているものではないので、かなり参考にできるかなと。

サプリを飲んでいる人は、とりあえず読んだ方が良いですよ。大葉せんせいみたいに、大腸がんサプリを飲んでいるかもしれません笑……

第4位『巨匠と過ごす夏』

巨匠と過ごす夏(前): 宮崎駿と13人の塾生

巨匠と過ごす夏は、ジブリ監督の宮崎駿の開いていた塾の生徒だった人が書いた、自伝的な漫画です。

作者は、普通の漫画家志望の夢見る若者だったが、応募したジブリ塾に入塾してしまいます。

もちろんジブリ塾なので、宮崎駿や鈴敏夫、高畑勲、庵野秀明など、著名人が塾講師をつとめ、演出としての勉強をするのです。

こんなスゲー塾があったのなら、やってみたかったなー、うらやましいなーと思ってしまう。

そして普通に漫画としても面白い。作者は現在、Kindleで漫画を出版している漫画家になっています。

きっと、ジブリ塾時代の演出術が生きているのだろう。

第5位『LIFE 人間が知らない生き方』

LIFE<ライフ> 人間が知らない生き方

『LIFE』は、動物の面白い生態を紹介した本。

この手の本は、よくあるが、『LIFE』の語り口は、ものすごくかわいい。

 

例えば、ラッコ。ラッコは、お気に入りの石を持っていて、脇にある袋に収納していて、その石を仲間同士で見せ合います。

もしその石をなくしてしまったら、ものすごく落ち込む!

落ち込みすぎて、ご飯も食べられなくなってしまう…

…かわいい! ああああラッコかわいい!

こんな動物の生態を面白い文章はもちろん、漫画も交えて教えてくれるので、とにかく癒やされたいんだという人は、今すぐ読むことをオススメします。

created by Rinker
¥1,573(2019/11/20 07:11:11時点 Amazon調べ-詳細)

第6位『地球へ』

地球へ…[カラーイラスト完全版デジタルエディション] 1巻

『地球へ』は、アニメにもなった作品なので知っている人は多いと思います。

しかしKindle Unlimitedの『地球へ』は進化していて、カラーになってる!

『地球へ』は、絵は古さを感じさせるものの、お話自体は全く古びません。

どんなお話なのかというと、人類の中に超能力に目覚めた新人類が誕生して、新人類VS旧人類の構図で対決するっていう話。

なんだか、新人類と旧人類の対決って、よく見る設定なんですけど、『地球へ』の面白いところは、人間の内面描写がとにかく細かいこと。

『地球へ』は、ストーリーの構造は、手塚治虫の漫画を思い出すような感じなんですけど、描き方は少女漫画っていう新しい漫画を作っています。

重厚な漫画を読みたい人にオススメ、全3巻なので読みやすいでしょう。

第7位『俺か、俺以外か ローランドという生き方』

俺か、俺以外か。 ローランドという生き方

大葉せんせいは、ローランドが大好き。

なんで好きかって? そんなナンセンスなことを質問する人には、ローランドのこの言葉を送ろう。

「説明できる好きって、本当の好きじゃないから」

っていうのは冗談で、ローランドは、別に好きじゃないですが、ローランドの書いた本は意外と面白いですよ。

ローランドの本って、絶対に本屋に置いてあっても書いませんよね。でも、タダだったら暇つぶしにら読んでもいいんですよね。

この本も、そんな感じの本です。

つまりKindle Unlimitedで読むべき本ってことですね。

ローランドの名言は、普通に面白いので、好きな名言を紹介します。

「パクリがどうこうって言うのは、才能が枯渇したと言っているようなもの。また新しい物を作ればよくない?」

ブログ界隈(かいわい)では、ネタのパクリなんてのは、横行してそうなので、それにとやかく言うんだったら、新しい記事書けよってことですよね。普通に納得!

意外と良い本(失礼)なので、みんなもletsローランド!

created by Rinker
KADOKAWA
¥1,540(2019/11/20 09:47:35時点 Amazon調べ-詳細)

【まとめ】Kindle Unlimited最強だよ

Kindle Unlimitedって、始まったころは、品ぞろえがかなり微妙で、すぐに退会しちゃったんですよね。

そしてブログを始めてから、また入会してみました。そうすると、品ぞろえが増えていて、かなり優良サービスに進化していたんですよね。

大葉せんせいは、ブログのネタを探すために読書量をかなり増やしています。そうすると、大量に本を買わなければいけないので、めちゃくちゃお金がかかる…

Kindle Unlimitedは、定額読み放題サービスなので、面白い本さえ見つけられれば、本を買うより、安く済むんですよね。

デメリットとしては、Kindle Unlimitedの本を検索しにくいことでしょう。もうちょっと、検索アルゴリズムをどうにかして欲しいですね。

Kindle Unlimitedには、無料期間があるので、試してみてください。とりあえず登録した方は、大葉せんせいのオススメから読んでみてください!

[kanren postid=”3109″ date=”none”][kanren postid=”3020″ date=”none”][kanren postid=”2948″ date=”none”]
最新情報をチェックしよう!
>大葉せんせいとは?

大葉せんせいとは?



ブログ月間5万PV「面白い考え方が身につく記事」をテーマにブログ更新中。記事の内容は、アニメ〜経済まで幅広く! テレビ局勤務。企業で働くことに疑問を持った25歳
もっと詳しくTwitterFacebook

note

欲しいもの

CTR IMG