今、旧MacBook Airを買うべき理由【買いどき】

どうもー大葉せんせいです!

大葉せんせいは、旧MacBook Airを買いました!

良いですねーMacBook Air!

知っている人もいると思うんですけど、2018年の11月に新MacBookが発売しています。

でも大場せんせいが買ったMacBook(Mid2017)は、

なんで今、旧MacBookを買ったの?
それはねー、今、旧MacBook Airを買うべき理由があるんだよ!
その理由を解説していきます。

みんな旧MacBook買えー

MacBook Airと新MacBook Airの比較

旧MacBook(2017)と、新MacBook(2018)を比較します。

左が旧、右が新です!

ここで注目したいのは、CPUのスペックです!同じi5プロセッサを使っていますけど、世代が違うこと。

 

重さが100g違いますけど、100gはそこまでの差を感じないと思います。

ここで注目して欲しいのは、ディスプレイの解像度です。

新MacBookの解像度は、約2倍くらいになっていますし、Retinaディズプレイなので、見てハッキリと違いがわかります!

 

これらをふまえた上で、何で旧MacBookが買いどきなのか解説していきます!

旧MacBookサイコー!

MacBookの使用感は?

旧MacBook airの使用感を書いていきます!

大葉せんせいは、iMac27インチも持っています。

なので、iMac27インチとの比較になります。

旧MacBook airの画面

旧MacBook airは、13.3インチ。新MacBook airと変わりません。

どこが違うかというと、解像度とRetinaディスプレイかどうか。

  • 旧MacBook Airの解像度は、1440×900ピクセル。
  • 新MacBook Airの解像度は、2560×1600ピクセル。
画質けっこう違うな。
さらに、画質の良さをiMacの5Kディスプレイと比較すると、やっぱり見劣りします。笑

でも汚いとか、画質悪いなーって感じではなくて、少し細かい字がボヤけるのか?……ってくらいですね。使っていればなれます。

 

あとそりゃーそうなんですけど、27インチと比較すると画面が小さいです。

当たり前なんですけど、画面の大きさって、作業効率にかなり影響します。

大っきな画面でやった方が確実に効率がいいですね。

ただ、寝ながら作業できるのは大きな利点!笑

タイピング感

大葉せんせいは、Magic Keyboardを持っているので、MacBook airのキーボードと比較します。

キーボードは、正直MacBook airのキーボードのが使いやすいです。

タッチ感というか、押した感じがMacBook airの方がいい感じですね。

そして、キーボードが光るのも地味に便利。笑

暗いとこで作業しなければいけない時もあるので、そういう時はキーボードを光らせています。

重さ

重さは、約1.3キロ。

持った感じは、それなりに重いです。

1.5リットルペットボトルより、少し軽い感じですねー

でもリュックにいれると、そこまで重い感じはしません。

 

薄くて、ほとんどのリュックに入るので、便利!

旧MacBook airを買うときに、もっと軽いMacBookを買うか迷ったんですけど、まぁMacBook airで十分軽い感じしますねー。

なぜ今、旧MacBook airを買うのか

なんで今、旧MacBook買うんだよって思っていると思うんですけど、その理由を説明します!

旧MacBook airは、安い!

MacBook airが2018年の11月にリューアルしました。このリニューアルによって、スペックが上がって、価格も上がりました。

  • 新MacBookの価格は、134800円(税別)〜
  • 旧MacBookの価格は、98800円(税別)〜

その差、3万6千円!

3万6千円は、けっこうデカイよねー
その旧MacBook Airをさらに、安く買う方法。

それは、アップルのオンラインストアで売っている整備済製品。

整備済製品とは、いわゆる中古なんですけど、アップルがオーバーホールしているので、新品同様なこと。

だいたい新品の価格の10パーセント〜15パーセント安く買えるので、お得ですよね。

大葉せんせいも、旧MacBook Air(2017Mid)を86000円で購入しました。

届いたのは、新品だと思うほど綺麗な商品でした!

正直、整備済みで十分!
ただ、整備済み製品は、数がないので出会いは一期一会ですね。笑

なぜ、旧MacBook Airが買い時なのか?

新MacBookが2018年の11月にリューアルしたということが、旧MacBookが今買いどきということなんです。

 

実はMac製品は、リニューアルする周期があります!

だいたい発売後、500日~700日くらい。

 

つまり発売の約2年後にリニューアル製品を発売するということ。つまり、新MacBookがリニューアルするのは2020年の11月前後?になるということなんです。

 

新MacBookはコストパフォーマンスが微妙です…ほとんど同じ価格で、MacBookProの13インチが買えてしまいます。

なので、それほどスペックを求めない人は、旧MacBook Airがベストな回答なんです!

つまり次のMacBook Airが出るまで時間があるし、コスパも良い旧MacBook Airが買いどきってことなんだね!

ここで気をつけて欲しいのは、新MacBook airが価格を下げてくることです。

確実に価格を下げてくるんですが、どれくらい下げてくるのか?いつ下げるのか?には気をつけた方がいいでしょう。

重い処理は向かないかもしれない。

そりゃそうだけど、重い処理には向いていません。

MacBook airは、Mac入門機なので、スペック的にはあんまり期待できません。

実は、12インチMacBook(2017)よりも、処理性能では劣っています…

 

大葉せんせいは、MacBookを主にテキスト入力と、ブログの更新に使っています。

テキスト入力は、難なくこなせるんですが、ブログの更新が少し重くなる時がありますね。

ブロガーは、MacBook Airで十分!
YouTuberは、MacBook Airでは不十分!

なので、ちょっと重い作業をしようと思っているなら、大人しくMacBook PROを買った方が良いよ。

まとめ、iMacMacBook Airの両刀使いは最強

iMacを持っていた大葉せんせいが、なんで旧MacBookを買ったかというと。

出先で、パソコンを触ることがけっこうあったから。

 

でもノートPCとiMacの作業能率は明らかに、iMacの方が優れています。

それは、MacBook Pro15インチでも変わりません。

やっぱり画面の大きさは、正義だよね!
でも、MacBook Airを買ってから思ったことがあります!

どこでも、PC作業ができるのは最高すぎるということ!

 

購入する前は、相当悩みました…iMac持ってんだから、それで十分なんじゃ?

いやそうじゃないんですよね。

寝ながらの作業とか、カフェでの作業とか、場所を変えられることによって、気分転換になって、作業効率も上がりました!

 

大葉せんせいの電子機器使用率でいうと、

iPhone…50パーセント

iPad Pro…3パーセント

MacBook Air…35パーセント

iMac27インチ…12パーセント

って感じです。

意外とMacBook Airが活躍していることがわかると思います。

 

大葉せんせいの主なパソコンの使用目的が、テキスト入力なので、MacBook Airで十分だってことですねー笑

でも、ブログに投稿するための、タグ打ちとか、校正作業は圧倒的にiMacの方がやりやすいので、ブログ投稿の最後の作業だけiMacにしていますね!

それ、iMac活用できてなくね…?
…………