【親友】友達を作ると得られる科学的なメリットについて【幸福度】

今回は、「友達」について考えてみようと思います。

 

大葉せんせいは、『以前にIQが高いと友達が少なくなるんじゃないの』って記事を投稿しています。普通に考えると、IQが高いと、友達は少なくなるはずなんですよね。

 

しかし友達が少ないのは仕方ないとしても、全くいないのは、ちょっと寂しいですよね。

 

今回は友達作った方がメリットあるよねって話をして、友達を作るモチベーションをあげるための記事を書いていきます。

 

友達がいるメリット

 

友達がいるメリットは、ハッキリ言ってかなり大きいですよ。

 

友達がいないなら、今すぐ作った方が良いレベル。大葉せんせいも、記事を書いていて自分で驚きました。友達って「友達と書いて、宝と読む」ぐらい大切だったんですね笑。

 

さっそくメリットを紹介していきます。

 

友達がいると、かなり健康的になる

 

孤独だった人に友達ができた場合は最大で 1 5年も寿命が延びる傾向があったとのこと 。健康への効果はエクササイズやダイエットの約 3倍に当たり 、なんと禁煙よりも 「友人 」のほうが影響が大きいというから衝撃的です 。

最高の体調より

 

つまり喫煙所で友達を作るためにタバコを吸い始める人がいますが、健康のためには、それも意外と悪くないということですね笑。

 

タバコとの比較はさておき、友達がいた方が15年も寿命が延びるのであれば、友達は作るしかないですよね。

 

友達と健康に関しての研究は、それなりにあるので、他のものも紹介しておきます。

 

ブリンガムヤング大学の研究では、友達との関係が良いと死亡率が50%下がるぞと言っています。

 

友達がいないと、どれだけ健康に悪影響があるのかというと…

  • 1日15本の喫煙と同じ
  • アルコール中毒と同じ
  • 肥満と同じ
  • 運動しないよりも有害

なんでな感じで、ダメージがデカいですよねー笑。

 

その研究では、友達が、家族・子供よりも健康に影響を与えているとのこと。遠くの親戚よりも、近所の友達ということで、より多く触れ合う人との関係性が大事だとおっしゃっております。

 

家族しかコミュニケーションがないというのも、なかなか問題がありそうですね。定年を迎えた、男性なんかは、だいたい家族しかコミュニケーションがないですよね。

 

脳機能維持にも友達が必要

 

ロンドン大学の研究では、60代で、毎日のように友達と遊んでいる人は、月1-2回しか遊ばない人よりも痴呆症が少ない。

 

大葉せんせいは、月1-2回で十分じゃねーかと思っているワケですが、もうちょっと遊びに行っても良いのかもしれませんね。

 

人とコミュニケーションを取るというのは、思った以上に脳を使うので、脳機能が衰えないのですね.

孤独な老人がボケるよねっていうのは、周りを見ていると、納得のいく結果かと。

 

しかし最近では、60代って、定年をまだ迎えていなかったり、バリバリ仕事を続けている年齢なので、毎日遊びに行くのは無理ですよねー笑。

 

普通の日本人男性って、たぶん60代ぐらいになると、友達ってほとんどいないんじゃないかと思っていたりしますが、実際はどうなんでしょう。

 

友達がいないと頭が悪くなる

 

友達がいないだけで、とんでもなく頭が悪くなるよーっていう研究すらあります。

 

『Will Power』なんかを書いている社会心理学者・ロイバウマイスターさんの研究では、被験者に、友達がいないと想像してもらうだけで、めちゃくちゃ頭が悪くなったんだとか。

 

どれだけ頭が悪くなったかというと、推論力が30%ダウン。IQが25%ダウン。平均的なIQの人が、知的障害との境界といわれるレベルまで、知能が低くなっちゃうんですね。

 

お金がなくなっちゃうという想像でも、人間は頭が悪くなりますが、友達でも同じような結果になるんですね。しかも下がり幅は、お金よりも大きいかもしれません。

 

あー友達作ろう。

 

良い関係の友達がいると幸福度があがる

 

良い関係の友達は、なによりも人間を幸福にすると言われていまして、信憑性ありそうな話かと。

 

ハーバードが700人以上を75年にわたって、調査した結果分かったのが、人間の幸福度は、いろいろな要因で決まるが、最も重要なのは、良い人間関係でした。

 

地位とか名誉とかお金の方が選ばれしものしか持てないイメージなので、より幸福度が上がりそうなものですが、意外にも友達のほうが幸福度が高いというのは驚きですよね。

 

これからは、お金を貯めるよりも、友達の質を高めていく方にシフトしていくほうが面白いかもしれませんね。

 

資本主義ならぬ、友達主義! そう考えると、田舎で仲間を大事にするマイルドヤンキー的な人たちの生活も正解なのかもしれません。

 

IQが高いと友達が少ないの記事でも書きましたが、頭が良いと友達をあまり作らない傾向にあるのですが、頭がよくても友達は、作っておいた方が良さそうですね。

 

職場に友達がいると、満足度が高い

 

すでにお金よりも良い関係の友達のほうが幸福感を高めるよって話をしました。それと関連して、年収よりも、人間関係だよねって話をしていきます。

 

ロンドン大学が良好な人間関係を経済学的な価値に換算するという面白い試みをやっていまして、なんとその研究によると、良好な人間関係は、700万ほどの価値があるそう。

 

つまり年収900万円で、人間関係が最悪な職場よりも、年収300万円で、人間関係が最高な職場の方が良いよねってことですね。

 

思ったよりも、良い人間関係は、大きな価値を持っているんですねー。

 

さらにストレグスファインダーという自分の強みを発見するテストで有名で、有名なトム・ラスさんは、職場での友人が最も幸福度に影響する人間関係だと言っています。職場に親友がいた場合、仕事へのモチベーションが8倍になるなんて話もあるくらい大きな変化をもたらします。

8倍って、界王拳かよってレベルですよね笑。

 

とりあえず友達がいない人は、職場に友達を作った方がいいかもしれません。

 

ピアプレッシャー

 

大葉せんせいが、友達がいて良かったなーと思うのは、ピアプレッシャーで、自分が良い方向にいったとき。

 

ピアプレッシャーとは、みんなが勉強をガツガツしている場所だと、勉強が捗ったりするやつ。人がやっているから、自分もやらなきゃいないような気がしてくる現象ですね。

 

大葉せんせいが、ブログを毎日更新できていたのも、友達がブログを毎日更新していたから。これもピアプレッシャーですね。

 

友達と書いて、ライバルと読むなんて名言があるように、友達は、切磋琢磨するライバルでもあるのです。

 

なので、向上心高めで、自分がなりたいようなことをしている友達を持つのは、自分も向上心高めになれるので、かなりメリットがあるんじゃないかと。

 

逆に相手にもピアプレッシャーをかけれるほど、自分も努力できれば、WIN-WINな関係と言えるんじゃないでしょうか。

 

フィードバックは、集中力を高めるよ

 

大葉せんせいが発見した法則で、フィードバックは、集中力を増す効果があるのです。

 

もちろんフィードバックで集中力が上がるのは、個人的な感想ではなくて、それなりに根拠がある方法。

 

つまり何かで、成果を出したい人は、フィードバックをしてもらうと良いのです。

 

例えば、ブログで面白くて、良い記事を書きたいのであれば、ブログにあげた記事のフィードバックをしてもらうと、より面白くて、良い記事が書ける可能性が高まります。しかも、より早く記事を書き上げることができるでしょう。

 

フィードバックだけなら友達じゃなくても良いんですけど、友達以外に、創作物のフィードバックしてもらうのも恥ずかしいですからね。

 

人間の悩みの9割は、人間関係だよね

 

人間関係の悩みが、人間の悩みの9割を占めるという話があります。これは、エビデンスのある数字ではないんですが、9割という数字が納得できるほど人間は、人間関係に悩んでいるということですね。

 

なので良い人間関係を築けていれば、人生の悩みのほとんどは起こらないということになります。人間関係ってスゲー。

 

さらに人間関係の中でも、1番重要な人間関係は、家族や子供ではなく、友達だと言われています。

 

つまり良い関係の友達を持てば、人生の悩みのほとんどは解決したも同然。

 

友達のメリットまとめ

 

友達ができると得られるメリットをまとめておきます。

  • めちゃくちゃ健康に良い
  • めちゃくちゃ脳にも良い
  • ピアプレッシャーで、やる気がおきる
  • フィードバックで、集中力が増す

簡単にまとめると、こんな感じですね。かなり簡単に書きましたが、詳しい内容がえげつないレベルのメリットなので、友達はいた方が絶対に良いといえるでしょう。

 

メリットについては、語ったので、次は友だと作りってどうしたら良いのとか? 友達関係のトピックスについて語っていきます。

 

ネット上の友達ってどう?

友達、友達って言ってるけど、友達ってそもそもなんなんだー? って疑問に思っている人も多いと思います。友達の定義は、なかなか難しいんですけど、どんな友達でも、友達を持つメリットを得られるのでしょうか?例えば、ネット上の友達は、友達にカウントしてよいのでしょうか?

 

結論から言うと、ネット上の友達は、友達ではありません。もっと詳しくいうと、心理学的に良い効果を得られる友達ではないと言ったほうが、正確かもしれません。

 

友達がいるメリットをこの記事で紹介してきましたが、どのメリットも、良い関係の友達がいる場合に得られるメリットに限った話でした。

 

つまり友達は、質の良い友達がいるかどうかが重要になってくるのです。

 

確かに、ネットで知り合った友達で、会ったことがなくても、全幅の信頼を置いているような関係になることもあるでしょう。しかし、ほとんどの場合、やはり会ったことのない友達を、質の良い友達とは言えないでしょう。

 

なのでTwitterなり、SNSなりで、友達を作るのは、1番簡単な友達の作り方で、悪い方法ではないですが、そこから関係性を発展させていく必要があるのです。

 

オフ会なんかで会ってみて、より関係性を進展させていけば、メリットを得られるような、質の高い友達に成長するかもしれませんね。

どこで友達を見つけるか?

 

友達を作った方が良いよーって、話をしてきました。しかし肝心の友達の作り方について語っていませんでしたよね。

 

社会人になってから、新しく友達を作るのって、なかなか大変ですよね。なので、どんな方法をとれば、友達を作るのが簡単なのか考えてみました。

 

カルチャー系の教室とかが良いかも

 

友達を作るのには、時間を共有しないといけないよという研究があるとおり、友達になるには、とりあえず一緒にいる時間を長くすることが大事になってきます。

 

学生時代に自然と友達ができたのは、必然的に時間を共有していたから。それが社会人になると、時間を共有する必然性なんてないので、自ら作り出すしかありません。

 

そう考えると、やっぱりカルチャースクールは、鉄板で友達が作れるかと。

 

カルチャースクールだと、定期的に通いますし、共通の話題もできますから、勝手に友達ができるでしょうね。

 

カルチャースクールに通うと、人生の満足度が上昇するよって研究があります。その研究も友達ができるからという面も大きいのではないでしょうか?

 

ちなみにオックスフォードの研究では、音楽系のカルチャースクールが特に人生の満足度を上げるそうなので、どのカルチャースクールにすれば良いか迷った場合は、音楽系にしておけば良いんじゃないかと。

 

高IQの人は、メンサとか

 

IQが高い人は、友達ができにくいのは、別の記事で語っている通りなんですけど、IQが高くたって、友達は欲しいですよね。

 

IQが高い人が友達ができにくい要因の1つとしては、IQが同程度じゃないと会話が楽しめないから。

 

つまりIQが高い人でも、高IQ集団の中では、友達ができやすいのです。高IQ集団といえば、メンサなんかがあります。

 

メンサとは、IQテストで人口の上位2%(130ほど)の人しか入れないサークルみたいなもの。日本には、3500人ほどいるらしい。活動内容は、ボードゲームしたり、集まって飲み会したりと、本当に普通のサークル。

 

たぶんお友達はできるでしょうね。

 

前にテレビ見たメンサの活動だと、女医さんが居酒屋で宇宙ひも理論について語っていました。そういう知的な議論が好きな方は、面白いサークルかもしれませんね。

 

仕事×友達

 

すでに職場で、友達を作るのが最高だよっていう話をしました。ですが職場で友達を作るのって意外と難しいんじゃないかと。同期なんかが多ければ、友達も何人かできるでしょうが、職場では上下関係が生まれがちですからね。

 

なので大葉せんせいは、副業と友達を組み合わせるのが良いんじゃないかと思います。

 

ブログ仲間同士で、友達になるとか。ネットラップを通じて友達になるとか。自分の歌のCDを出すときに、CDジャケットを頼んだイラストレーターと友達になるという風に、別の副業同士で友達になっても面白いかもしれませんね。

 

本業の職場で友達を作るのが難しい人は、副業を利用して、友達を作っちゃいましょう!

どうすれば友達ができるのか?〜友達になるための条件〜

 

友達がいない人にとっては、友達作りってのは、なかなか難しいものではないでしょうか?

 

もしくは、友達はいっぱいいふんだけど、親友と呼べるような友達がいないという方もいるのではないでしょうか?

 

なので親友を作るには、どんなテクニックがあれば良いのかというのを解説していきます。

 

友達を作るには、メリットを与えようぜ

 

親友の数は、人間の認知能力から計算すると5人までしか作れないという意見がありまして、その意見を参考にすると、人は6人目の新しい親友を作ると、今までの親友から1人弾き飛ばれて、普通の友達に降格してしまうのです。

 

じゃあ人間は、どうやって親友を決めるのでしょうか? ペンシルベニア大学の研究では、意外と人間ってのは打算的で、どれだけ相手が自分にメリットをもたらすかで、決めているんじゃないかと言われています。

 

つまり現代の親友は、自分に良いキャリアをもたらす人、頭が良い人、芸術的なセンスをもたらす人、お金持ちの人、そんな感じの基準で選ばれているということですかね。友達が欲しいんだったら、相手に何か与えなければいけないという、なかなか無慈悲な結論になっています。

 

なので友達が欲しいのであれば、何かを与えられる人間になるしかなないんじゃないかと。なんだか友達作りのために、自分のスペックを上げなきゃいけないとなると、なかなか果てしないものになってきましたが…

 

そこまでいかなくても簡単に与えられるのは、信頼感とかでしょうか? 相手も友達がいることで、メンタルの安定などのメリットがあるわけなので、たんに友達でいるだけで相手にメリットを与えられてはいます。しかし相手の周りにいる人間のスペックが高くなっていくと、もっと大きなメリットを与えられないと、親友の枠から自分が弾き飛ばれてしまうかもしれませんね笑

 

無理矢理にでも、友達は作った方が良いのか?

 

友達を作った方が良いのは明らかですが、無理矢理にでも友達は作った方が良いんでしょうか?

 

友達は、自然となるもので、そんな意気込んで作るものじゃないだろと思う方もいると思います。しかし大葉せんせいの考えでは、友達は、無理矢理作るもの。

 

というのも、今までの友達研究では、どれくらいの時間を一緒に過ごせば、友達になれるのかが分かっています。一緒に過ごす時間が50時間を超えるようになると、やっと友達といえる関係になるのだとか。

 

50時間ですよ。50時間って、社会人だと普通に無理ですよね。

 

学生であれば、一緒に授業を受けているので、自然と時間が50時間を超えるので問題はありませんが、社会人になると会社以外の人と時間を共有する機会がありません。

 

たまに遊びに行ったとしも、50時間を一緒にするのはなかなか大変ですからね。もし1日5時間一緒に遊ぶとしたら、10回遊びに行かなきゃいけないワケですからね。

 

とすると、社会人だったら、友達を作るためには、無理矢理に友達になるしかないのです。

 

無理矢理友達になるとは、どうしたらいいのかというと、コイツと友達になろうと思ったやつをいっぱい遊びに誘ってください。できれば、長い時間を一緒に過ごせるような遊びがいいかもしれません。3日がかりでキャンプなんか行ったら、1回で50時間を達成できるかもしれませんよ。

 

ちなみに親友になるためには200時間必要らしいので、もっと仲良くなりたいのであれば、もっと一緒に過ごさなければいけません。

 

友達が多いデメリット

 

友達がいた方がいいメリットを大量にあげてきましたが、反対にデメリットはないのでしょうか?

 

もちろんデメリットもあるので、公平に両方紹介しておきます。

 

時間が取られる

 

友達といる時間は、生産的ではなくなりがち。つまり、時間を取られるような感覚になること。

 

友達が多くなければ、そこまで気になりませんが、友達が多いと毎日飲み会なんかに呼ばれたりします。そうすると、時間も取られますし、お酒が入ると集中力も低くなります。

 

友達がいるデメリットは、ほとんどありませんが、絞り出すとこんな感じかと。

 

意外と友達と過ごす時間がもったいないとか思っている人もいるのではないかと推測します。まぁ確実に会社の飲み会は無駄ですけどね。

 

創造性は、友達がいない方が高まるかも

 

メンタルに問題がある方が創造性が高いことが分かっています。例えば、ゴッホとかは、有名ですね。

 

創造性と関連があるとされているのが、躁鬱。友達がいないことで、メンタルを病み、躁鬱化している人が、もし友達ができて、メンタルを安定させたら、創造性が下がってしまうかもしれません。

 

創造性と性格の関連性は、まだ完全に分かったわけではないので、そこまで気にする必要はありませんが、自分の躁鬱が創造性の源だと、確信できる方は、孤独感を創造性に活かすのもいいかもしれませんね笑。

 

友達がいるメリットは、かなり大きいので、大葉せんせいは普通に友達作って行った方がいいと思いますが…

 

人間関係って、定年してからが重要だよね

 

友達の数は、25歳を境にだんだん少なくなってくるという調査を見たことがあります。その調査結果は、体感で納得していまして、社会人になると、新しい友達ってなかなかできないんですよね。

 

40代50代の男性会社員だと、多くの人は、友達っていないんじゃないでしょうか? そうなると仕事をしているうちは、友達がいなくても会社の人間関係があるから良いとしても、定年を迎えた後が問題になってきます。

 

人間の寿命は、医療の発達で伸びてきていますし、今後も伸びることが予想されます。つまり定年してからも、長い時間が残されていることになります。その定年後の時間を1人で過ごすのは、なかなかツライものがあるんじゃないでしょうか? 定年したからって、ボケたくないですからね。

 

なので社会人のうちから友達を作っておく必要があると思うんです。

 

中年以降の友達作りは、音楽系のカルチャースクールがいいよっていう話をしたとおり、音楽がかなり良いみたいですね。

 

大葉せんせいも、40代を迎えたら、エレキギターの教室にでも通おうかと考えております。そうしたら、このブログでバンドメンバーを募集いたしますので、その際はよろしくお願いします笑。

 

友達は、多い方が良いのか?

 

友達にいろいろとメリットがあるのは分かりましたが、結局のところ友達は多い方が良いのでしょうか? それとも少ない方が良いのでしょうか?

 

実際のところ、友達の数は関係なくて、質が大事だとされています。親友と言い換えてもいいかもしれません。

 

つまりSNSで知り合いが、数万人いても関係なくて、親友がいるかどうかですね。

 

親友が何人いてもいいんですが、人間の認知機能から人間の親友を持てる数を逆算した研究では、親友の上限は5人と言われています。

 

なので友達は、やっぱり人数よりも質が大事なんですね。

 

【結論】1人で過ごす時間を友達と過ごそうぜ

 

長々と友達について語ってきました。結局言いたいことは、友達がいるとメリットがいっぱいあるから、友達作れよーってことでした。

 

ていうか、大葉せんせい自体に友達が少ないので、友達を作るメリットを理解して、友達作り頑張れよーと自分を鼓舞する記事というところが本質ですね。

 

多くの人が、友達がいなくて困っているのではないでしょうか? そういう方は、この記事を参考にして、友達を作ってください。

 

みなさん、最後に言っておきます。大葉せんせいと友達になってください。よろしくお願いします!

 

最新情報をチェックしよう!
>大葉せんせいとは?

大葉せんせいとは?



ブログ月間5万PV「面白い考え方が身につく記事」をテーマにブログ更新中。記事の内容は、アニメ〜経済まで幅広く! テレビ局勤務。企業で働くことに疑問を持った25歳
もっと詳しくTwitterFacebook

note

欲しいもの

CTR IMG