年収700万以上稼いでも無駄。180万で幸せに暮らす方法【幸福度とお金】

大葉せんせい
大葉せんせい
どうもー、大葉せんせいです。

大葉せんせいが、いつも思っていることが、お金ってそんなに要らなくねってことです。

 

実は心理学の調査で、年収700万以上稼いでも、幸福度は上がらないという調査結果があります。

 

みなさんどうでしょうか?

 

ていうか700万も必要でしょうか?

大葉せんせいの月収は、月20万ちょっとなんですけど、持て余しているんでよねー。

 

今でも、欲しいものはなんでも買っているし、全く困っていません。

 

なので、今回は

  1. 年収が700万上がっても意味がないという話
  2. 年収以外の幸せの追求するにはどうするべきかという話
  3. ていうか、年収700万もいらないという話

 

をします!

なんで、高い年収を求めるのか?

高い年収を求める人を見ていると、不思議でしょうがないんですよね。

 

高収入のみなさんは、何に支出しているんでしょうか?

 

  • 服とか、着れれば十分
  • ブランドものを持つ意味がわからない
  • 車もタクシーで十分
  • 腕時計もiPhoneで十分。

 

こうなってくると、そこまでしてほしいものが思いつかないんですよね。

大葉せんせい
大葉せんせい
そんなに腕時計って欲しいものなんでしょうか?
たぶん腕時計なんて、いらないという人も多いですよね。
メモ子
メモ子

高い年収を目指している人は、なにを目的として、お金を稼ぎ出しているのでしょうか?

 

たぶん、たくさん稼ぎたいと思っている人も、明確な理由はないのだろうと思います?

年収の幸せは、上限がある【イースタリンの逆説】

実は、年収の高さによって得られる幸せには、上限があります。

 

アメリカの経済学者リチャード・イースタリンの行った研究の結果では、

「貧しいときに、年収が上がると幸福感がます。しかし、あるレベルに達すると、幸福度が上がらなくなる」のだそう。

 

さらに、アメリカの行動経済学者ダニエル・カーネマンの行った研究によると、年収が7万5000ドル以上になっても幸福度は上がらないという結論が出ています。

 

つまり誰でも、年収の増加による幸福度の増加は、700万くらいが上限ということ。

 

それ以上に稼ぎ出しても意味がありません。

 

だって、幸福度は上がらないから!

年収以外で、幸せを追求した方が良い。

年収が約700万になると、それ以上稼いでも幸福度が増加しないという話をしました。

 

じゃあ年収か700万になったら、年収をあげるよりも、年収以外の幸せを追求した方が、幸せになります。

 

YouTuberで有名なヒカキンさんも、年収1000万まではゲーム的な感覚で、達成感があったけど、それ以上はデータ上の数字だけ上がっていくような感覚だと言っています。

(HIKAKIN)中でもピークは、年収1000万円を超えたときでしたね。よく言われる、「年収1000万円を越えてからの幸福感は変わらない」というのは、確かにそうだなと思います。

そのあとは、デジタルの数字が増えていくのを、現実感なく見ている感じで…。

 

お金って、何かと交換して初めて価値が生まれるじゃないですか

僕は仕事以外の趣味があまりなくて、欲しいものもそんなにない。

新R25より

幸せを追求する方法は、人それぞれあると思います。趣味を全力でやるとか、スキルアップとか。

 

そんな中でも、オススメの幸せの追求方法は、他人の役に立つということ。

 

なぜかというと、ミシガン州立大学が約20万人分のデータを分析した結果、人間が幸福を一番感じるのが「他者の役に立つこと」だったのです!

 

ヒカキンさんも、インタビューでこう語っています

(インタビュアー)――確かに、お金が減らなそうな生活ですね(笑)。

HIKAKINさんは熊本の震災などで、寄付を積極的にされています。「社会のためになるお金」には、関心があるのではないですか。

(HIKAKIN)結局、そっちかもしれないですね。

自分もいい思いを多少はしたいけど、社会貢献をきちんとできたら、死ぬ時にいい人生だったと思える気がします。

新R25より

アインシュタイン博士は、学生から「人間はなんのために生きているのか?」という問いに、答えました。

「他人の役に立つためです。そんなこともわからないんですか?」

 

ということからもわかるように、年収を上げるよりも、他者への貢献をした方が幸福度が上がるのです。

 

なので、年収700万に到達した人は、とりあえず他者への貢献を始めてみましょう!

15万あれば、十分。

年収700万が幸福度の上限だという話をしてきました。

 

しかし大葉せんせいは、月に15万もあれば十分だと思っています。

 

大葉せんせいは、買いたいものは全部買っていて、最近は欲しいものは全て買ってしまったので、物欲も無くなりつつあります。

 

いま買いたい物と言ったら、漫画とか、本だけなんですよね。

 

漫画と、本なんて、いくら買っても数万円程度ですからね。

 

みなさんは、もっと物欲があるのが普通なのでしょうか?

西野亮廣は、月7-8万あればいいと言っていた。

有名人でも、お金をいらないと言っている人がいます。

 

それが西野亮廣さん。西野さんの言葉を引用します。

「僕は贅沢の類いに一切興味がなく、くわえて独身ですので、一ヶ月の生活費は7~8万円あれば十分です」

ねとらぼエンタより

西野さんも月7~8万あれば十分なんですよね。

 

西野さんがなんで、月に月7~8万で十分なのかというと、何をやりたいのか明確に決まっているから。

 

そのやりたいことに集中して、お金を使えば、そんなにお金はかからないんですよね。

 

例えば、映画が大好きな人だったら、週に5回映画に行っても1万円もかかりません。月に10万もあれば映画も見放題で、生活費も十分に捻出できるでしょう。

 

つまり自分が何に幸福を感じるのかを考えることが1番大事なのです。

その幸福を感じることに、集中してお金を使って、その他の支出を削ることで、少ないお金で幸せになることができます。

 

お金をたくさん稼いでる人の多くは、六本木で呑み明かすとか、高級車をかうとか、意味の分からないことにお金を使います。

 

なんで、お金持ちが無意味にお金を使うのかというと、何が自分にとって1番幸福な時間なのかというのを考えてこなかったから。

 

つまり何にお金を使えば幸せになれるかを知っていれば、年収700万も必要ないのです。

そして、さらに他人のためになるような行動をすれば、少ない年収で人生の幸福を最大化できるということなんですよねー

まとめ   お金の使い方を知っていれば、年収180万でも良い

年収700万以上稼いでも、幸福度は上がらないという話をしてきました。

 

実は大葉せんせい、上手いお金の使い方を知っていれば、年収700万も必要ないと思っています。

 

みなさん、何にお金ををつかうと幸せになれるでしょうか?

 

人それぞれだと思うんですけど、趣味とか、他人のために使うとか、人それぞれですよね。

 

大葉せんせいは、漫画と本を読んで、たまに旅行できるくらいの生活が出来ていれば、ものすごく幸せなんですよね。

 

つまり幸福度を上げるには、年収を上げるのではなくて、自分が何に幸福を感じるのかを知ることが重要なのです。

 

大葉せんせいは、漫画と本を読むことが幸せなので、全然お金が必要じゃないんですよね。

 

なので大葉せんせいは、年収180万あれば十分なんじゃないかと。

 

そして、さらに幸福を求めたい人は、ミシガン州立大学が発表している通り、他人のためになるようなことをした方がいいのです。

 

自分が何に幸せを感じるか考えると、お金の呪縛から解放されて、幸せになるよっていう話でした!

それでは、大葉せんせいでした。