運動音痴の学生生活はツラすぎる件【解決策】

大葉せんせい
大葉せんせい
どうもー大葉せんせいです。
大葉せんせいは、運動音痴です。

 

運動経験が全くないからだと思うんですけど、学生生活は大変でした。

 

学生のときって、体育とかありますし、運動会もありますし、球技大会もありますよね。

 

強制的に、運動姿を見せないといけないイベントがいっぱいです。

 

大葉せんせいは、まあ運動音痴なので、そういう運動イベントは、恥をかく会なんですよね笑。

 

運動音痴の人には、共感してもらえると思います。

 

なので今回は、運動音痴の学生生活は辛すぎるって話と、運動音痴の学生生活の解決策について書いていきます!

 

特に、運動音痴で悩んでいる、小学生・中学生・高校生に読んで欲しい記事になっています!

大葉せんせい
大葉せんせい
運動音痴に幸あれ!笑

運動音痴の学生時代

運動音痴の学生生活の正解について話す前に、大葉せんせいの学生時代について語ってみようと思います。

 

運動音痴の人は共感できるんじゃ……?笑

小学生時代。

小学生って足の速い人がモテますよね。

 

小学生の運動音痴で足の遅い奴は、まずモテません…

 

大葉せんせいは、体育でやっていた高飛びの50センチを失敗して、クラスの全員が「シーン……」となったのを思い出します。

中学生時代。

女子対男子でドッチボールをやったときに、男子はハンデとして両手でボールを投げるというルールがありました。

 

サッカーのスローインみたいな感じですね。

 

それでボールが回ってきたときに、女子をアウトにしようと思いっきり投げたら、なぜか足元に全力でボールを叩きつけてしまいました。

大葉せんせい
大葉せんせい
全員が黙っていましたね…笑

高校生時代。

学生時代って、強制参加の運動イベントのオンパレードです。

 

高校の球技大会では、卓球をやらされました。

 

一回戦で対戦したのが、卓球部の人…

 

一応真剣に卓球をしようと思っていたので、「次のサーブって自分だっけ?」と相手に聞いたら、帰ってきた答えが…

「どうせ負けるんだから、どっちでもよくない?」
卓球部
卓球部
………………くそっ!

何も言えませんでしたね。

 

大学からは、そんな真剣に体育をやっていないので、恥をかく機会もだいぶ減りました。

 

これが運動音痴の大葉せんせいの学生生活です。

 

運動音痴の方には、共感してもらえたんじゃないでしょうか?

結構ツライですよねー。

運動音痴の学生生活【解決策と正解】

じゃあさっそく、運動音痴の学生生活の正解。もしくは解決策を考えてみようと思います。

 

運動をしなきゃいけない機会って3つあります。

 

  • 友達との遊び。
  • 体育。
  • 強制の運動イベント。

 

まず遊びですが、友達と野球しなきゃいけないとかって場面ありますよね。

 

友達との遊びの運動は、強制ではないので、行かなければ良いんです。

 

これが最善の策でしょう。

体育の解決策。

体育の解決策は2パターンしかありません。

 

運動を得意になる。または、体育に全く参加しない。

という2パターンです。

 

運動を得意になるっていうのは、運動音痴の人への回答にはなっていないので、残る解決策は全く体育に参加しないってことになります。

 

体育なんて、べつに参加しなくても大したことありません。

 

気になるのは、友達とかから白い目で見られるかもしれないということ。

あいつなんで、体育いつも休んでんだ?ってなりますよね。
先生からの視線はどうでも良いんですけどね〜。

ちなみに、社会学者の古市憲寿さんは、体育に全く参加しなかったそうです。

 

古市憲寿さんは、「自分は体育が苦手だから、得意なやつと競ってもしょうがない」と考えたそう。

 

体育の成績がもともといらないと考えれば、そういう行動もアリですよね。

 

ただ、体育は1つの教科なので、成績もつきます。

 

体育が教科になっている現状、全く参加しないということは、しにくいのかもしれません。

 

となると、第3の選択肢を取るしかありません。

 

第3の選択肢は、運動音痴の人への解決策ではありません。

 

しかし、1番やりやすい方法です。

 

第3の選択肢は、「恥をかいても、気にしないことです。」

 

どうやって気にしないようにするかというと、運動以外の分野で得意ジャンルを作ればいいんです!

 

例えば、

  • 「俺は運動はできないけど、勉強は出来る。」とか。
  • 「運動はできないけど、楽器演奏で見返してやる」とか。

こういった、ネガティブな感情を、ポジティブな推進力に変えることを心理学では、「昇華」といいます。

 

体育で恥をかいたら「昇華」のチャンスだと思いましょう!

 

逃さずに、推進力に変えて、得意分野を作りましょう!

結局、自己啓発なんだ〜笑
考えてみると、体育に参加するときの解決策ってなくて、考え方を変えるしかないんだよね。

運動会・体育祭の解決策

運動会・体育祭の解決策も簡単です。

 

参加しなければ良いんです。

 

運動会・体育祭の当日に風邪とでも言って休んでください。

 

強い意思のある人は、事前に運動会に参加したくないから、休みますと言っておきましょう。

 

運動会・体育祭を強制参加にしている意味がわかりません。

 

あの会をやることで、ものすごく教育的にいい効果があるとは思えないんですよね笑。

 

なので、大葉せんせいが許します。運動会・体育祭を休むこと。

あんな会、出なくて良いよ!

運動会・体育祭は強制参加にするな!

大葉せんせいが、学生生活でオカシイと思っていることがあります。

 

それは、運動会・体育祭の参加が強制なこと。

 

正直オカシイと思います。

やりたいやつだけで、やれば良くない?
なんで運動会が強制なんでしょうか?

 

例えば全国の高校の生徒に、体育祭をやりたいか、やりたくないかでアンケートをしたら、やりたくない人の方が多いはずです。

 

じゃあなんで、運動会・体育祭が開かれるのかというと、伝統とか、今まで続けていたからという理由でしょう。

 

やりたくない人が多い行事を強制参加にする意味が分かりません。

 

文化祭とかも、同じくやりたい奴だけでやった方が良いですよね。

体育を教科にするな。

正直、大葉せんせいは、体育を教科にすること自体反対です。

 

運動なんて、別に必要ではないことなので、やりたい人がやれば良いと思うんですよね。部活とかで。

 

海外にも体育みたいな教科はあるんですけど、日本の体育とは全然形が違います。

 

アメリカの体育の位置付けにある教科で、PEというのがあるので、どういう教科化引用します。

娘の話を聞いていると、日本の体育とはだいぶ違うイメージです。

 

娘が一時帰国した際に、日本の小学校で体験した体育の授業では、スポーツテストをしたり、水泳をしたりすることが多かったようでした。

しかし、「アメリカの体育では何をしているの?」と娘に聞いても、「こういうゲームをしたよ」とか、「こういう乗り物に乗ったよ」とかそういうことばかりで、身体を動かして楽しく遊ぶ時間というイメージです。

Clickより

体を使って、遊ぶのがPEなんですよね。

 

別に競技をわざわざやらせて、優劣をつける必要がないんですよね。

 

優劣をつけるから、運動が苦手な子は、劣等感でいっぱいになってしまうのです。

 

日本も、スポーツをやりたいんだったら、自分で放課後にやるスタイルに変えたほうが良いんです。

 

アメリカを見てると、スポーツ後進国になることもないですからね。

まとめ 体育・運動会・球技大会はイジメの原因

正直、体育・運動会・球技大会はイジメの原因になっていると思います。

 

例えば、運動会に絶対にリレーってありますよね。

 

リレーって、全員参加の場合も多いんですけど、クラスに1人は絶望的に足の遅い人はいるんですよね。

 

その結果、そのチームがリレーで負けたとします。

 

そうすると、クラスのみんなの心の中には、「リレーの敗因は、足の遅い〇〇くんのせいだ」ってなります。

 

つまり、クラスでやるリレーとか、団体でやる競技って、悪者を作り出すことになるんですよね。

 

足の遅かった子も、「自分のせいで負けてしまった…」と罪悪感を感じるはずです。

 

これって、トクをしている人がいるでしょうか。

 

みんな嫌な気持ちになっていますよね。

 

だったら、運動会とかの催しは、自由参加にした方が良いなじゃないかってことなんですよ。

 

だって、ある1人の運動能力が無いことを連帯責任にする必要は、ないですからね。

 

勉強はできなくても、個人責任になりますよね。

 

でも運動ができないっていうのは、連帯責任なんですよね。

 

なので、体育・運動会・球技大会は自由参加にした方が良いという話でした。

大葉せんせい
大葉せんせい
とにかく、運動が苦手な大葉せんせいからの社会的提言でした笑
それでは、大葉せんせいでした。