【ランニング】運動しているのに痩せない人に見て欲しい記事【モラルハザード】

運動しているのに、痩せない理由がわかりましたよ。

大葉せんせい
大葉せんせい
どうもー大葉せんせいです。

突然ですが、最近ダイエットをしています。

そこで思い出したのは、前にランニングをしてたのに、痩せなかったこと。

週に3~4回、1回45分走っていました。4カ月ほど続けていたんですけど、痩せませんでした。

 

当時は不思議だったんですけど、理由が分かったので解説していきます。

ダイエットで運動をしているのに痩せない人は、参考にしてください。

運動しているのに痩せない理由

今考えると、ランニングをしていたのに痩せなかったのは、モラルハザードが起きていたから。

モラルハザードが、何かっていうと、「運動したから、ちょっとくらい高カロリーな食べ物を食べてもいいよね」って、考えてしまうことを言います。

大葉せんせいの場合は、「ランニングしたから、アイスを食べても良いよね」って思考になっていました。完全にモラルハザード。

 

「大葉せんせいの意思が弱いからモラルハザードが起きているんでしょ」と思った方。確かに、その面はあります。しかし、誰でも1度は経験があるんじゃないでしょうか?

運動したから、フライドチキンを食べてもいいよねとか。ご飯をおかわりしてもいいよねとか。

 

実は、ランニングはモラルハザードが起きやすい運動として有名なのです。

ランニング×モラルハザード

大葉せんせいは、ランニングをしていたのに、痩せませんでした。実は、ランニングはモラルハザードを起こして、痩せにくい運動として有名です。

78%は週4で3カ月ほど走ったが、体重は変わらないか、もしくは逆に増えていた。

The cutより

なぜランニングで痩せないかというと、ランニングは食欲を増進させる効果があるので、その分モラルハザードを引き起こしやすいため。

大葉せんせい
大葉せんせい
ランニングをすると、お腹が空くのは、大葉せんせいだけじゃなかったんだね笑

しかもランニングは、脂肪ではなくて、筋肉から優先的に消費するという意見もありまして、あんまりやらないほうが良さそうというのが、最近の科学界の主流になっています。

モラルハザードを起こさない運動

ランニングがモラルハザードを起こすのは、分かりました。

じゃあどんな運動がモラルハザードを起こしにくいのでしょうか?

2つ紹介します!

HIIT

HIITとは、「High-intensity interval training」のこと、日本語にすると「高強度インターバルトレーニング」

「タバタ式」とも呼ばれています。

 

どんな運動かというと、最大心拍数の80%くらいの強度の運動を20秒やって10秒休むを1セットとして、8セットほどやる運動。8セットやっても4分くらいなので、ものすごい効率がいいですよね。

 

やってみるとわかるんですけど、HIITは、かなりキツいトレーニングです。

キツいトレーニングをすると、血中の酸素が大量に消費されます。

そうすると、内臓にいく血中の酸素が少なくなり、内臓の働きが鈍くなります。なので食欲が低下するのです。

大葉せんせいも実際に試してみましたが、全く食欲が出ません笑。

 

HIITは、消費カロリーもすばらしので、ガッツリ痩せたい人はやってみてください!

NEAT

NEATとは、「nonexercise activity thermogenesis」のこと。

通勤や、日常生活でする運動のこと。つまりNEATは、超ゆるめの運動です。

 

「階段登ったから、お腹がすいたー」っていう人はあまりいませんよね。

NEATは食欲を増進させる効果がないわりに、消費カロリーも大きく、NEATを意識して生活すると500kcal〜1000kcalほど消費できるので、積極的に増やしていくといいでしょう。

【まとめ】

大葉せんせいが痩せなかった理由をモラルハザードのせいにしてみました。

 

確かに痩せなかったのは、大葉せんせいの意志力のせいでもあるんですが、人間の心理構造のせいでもあるのです!

みなさんもダイエット中なのに、モラルハザードを起こして、食べまくっちゃうことありますよね。

そういうひとは、運動の種類を見直すといいかもしれません。

大葉せんせいもランニングをやめて、HIITを取り入れていこうと思っています。