仕事は毎日2時間サボれ!生産性を維持できるのは【週に30時間】まで!

サボらない人よりも、毎日2時間サボっている人の方が生産性が高いことを知っていますか?

大葉せんせい
大葉せんせい
どうもー大葉せんせいです。

みなさん、仕事をサボっていますか?

大葉せんせいは、サボりまくり!

 

なんでサボるかというと、その方が生産性が高いからです。

みなさん、サボってるやつの生産性が高いわけないと思っていますよね?

なぜそう思うってしまうのかというと、人間は、サボらずに一生懸命頑張った方が生産性が高くなると、錯覚におちいっているから。

どういうことか説明していきますね。

毎日2時間サボった方がいい理由とは?

仕事を毎日2時間サボった方がいい理由は、単純にその方が生産性が高いから!

慶應大とメルボルン大の研究によると、働きすぎると認知機能が下がって、生産性が落ちることがわかりました。

それによるとベストな労働時間は、男性が週に25時間~30時間女性が週に22時間~27時間なんだそう。

 

ダニエルクックさんという人がまとめたてくれた画像では…

パレオな男より

こんな感じです、生産性の波を作らずに、結果を残していきたいのであれば、週に35時間働くのが良いのです。

生産性が下がるのに、みんなが残業をする理由とは?

生産性が下がるのに、なぜ人は、残業をするんでしょうか?

残業する理由を紹介していきます。

残業する理由⑴、生産性についての錯覚

なぜ残業するのかというと、錯覚が起きているから。残業をすると生産性が下がりますが、体感では下がってないと思ってしまうそう。

 

どれくらい主観と生産性に乖離が生まれるのか、まとめた図があります。

パレオな男より

働いていると、みんな生産性の低下を実感しますが、実際の生産性の低下は、自分の認識よりも圧倒的に落ちていることがわかります。

残業する理由⑵、忙しい人ほど評価される。

残業をしてしまう理由2つ目は、残業をする人ほど、評価されやすいから。

忙しいアピールはした方がいい」という記事で書いたように、忙しいアピールをする人ほど評価される傾向があったそう。

 

残業も忙しいアピールの1つですよね。

生産性が下がってしまっても、評価されるなら残業をするという気持ちは分かるかもなー。

残業する理由⑶、生活残業という考えを持っている人も

大葉せんせいは、絶対にやらないと決めているんですが、残業代のために残業している人もいます。

大葉せんせいの職場では、残業をするために日中はサボって、残業を発生させる、生活残業組が存在しています。

そういう人たちは、残業時間はは、時給が割増しになるので、ボーナスタイムだと思っているそうです。生活残業って、生産性も低いのに、お給料だけ多くもらっている人という印象ですね。

どうやって2時間サボればいいか?

「でも、仕事を2時間サボったら、定時に帰れないよー」という社会人もいると思うので、時間の作り方を紹介します。

 

大葉せんせいは、残業が当たり前とされているテレビ業界で、ほぼ毎日定時に帰っています

どうすればそんなことができるのかというと、できるだけシングルタスクでお仕事をしてください!

 

シングルタスクにするだけで、毎日2時間くらいは時間に余裕ができますよ!

大葉せんせいは、ほかのテクニックも応用して、午前中で仕事を終わらせる勢いでやってます!

詳しくは、【テレビ局式】生産性が2倍になる仕事時短術【午前中で仕事終了】をみてください!

【まとめ】8時間労働・週5日は生産性が低い

週に30時間以上働いていると、次第に生産性が落ちちゃうよって話をしました。

つまり1日8時間・週5日という働き方自体が間違っているのです。

 

それに気づいた会社はすでに労働時間を削減しています。例えば、Yahooは週4日労働。

オークランド大学の研究では、週4日勤務にすると、従業員の満足度が向上し、仕事に対しての満足感がアップしました。しかし生産性は落ちていなかったそうです。

 

みなさんも、毎日2時間間サボって、生産性の高い労働をしましょう!

生産性をあげるには、シングルタスクに絞るというようなテクニックも重要ですが、それ以外に認知機能を高めておくことも重要になってきます!

 

そんな認知機能を簡単にあげる方法があります。それがサプリを使うこと。

どんなサプリが効果的なのか、まとめてありますので、つづきはnoteをどうぞ。

飲むだけで人生が変わるサプリとは?

それでは、大葉せんせいでした。

最新情報をチェックしよう!
>大葉せんせいとは?

大葉せんせいとは?



ブログ月間5万PV「面白い考え方が身につく記事」をテーマにブログ更新中。記事の内容は、アニメ〜経済まで幅広く! テレビ局勤務。企業で働くことに疑問を持った25歳
もっと詳しくTwitterFacebook

note

欲しいもの

CTR IMG