【砂糖】甘いものを食べすぎると頭が悪くなる【バカになる】

 

やっぱり砂糖って、体に良くないんですよね。でも夏はアイスがやめられません。

 

大葉
一日にアイスを2個食べちゃうのは、僕が本当にやっていることです。ヤバイですよね。

 

なので、砂糖がどれくらい体に悪いのかを注目してみようと思いました。

 

とりあえず、砂糖のデメリットは「頭が悪くなる」です。

 

じゃあ、どれくらいの砂糖を食べたら、どれくらい頭が悪くなるのかというと、その辺はイマイチ分かってないみたいですね。

 

マウス実験では、1日の摂取カロリーの25%から40%を砂糖にすると脳に炎症が起きて、壊滅的に学習能力がなくなりそうです。

 

  • 成人男性の1日の摂取カロリーが約2000kcal
  • 砂糖が1g=4kcal

 

つまり1日の摂取カロリーの25%は、500kcalってことですね。

 

500kcalを砂糖だけで摂取しようとすると、

  • コーラでいうと、1Lちょっと。
  • ハーゲンダッツミニカップでいうと、6個ぐらい。
  • 板チョコだと、5枚ちょっと

これだけみると、楽勝そうな印象ですが、実際には白米や麺などの炭水化物にも糖質は含まれてるので、もうちょっと厳しい数値になりそう。

 

コーラで1Lっていうと、普通の水分補給で清涼飲料水を飲んでいる人は、夏場なんか超えちゃうかもしれませんね。

 

ただ、砂糖による脳機能の低下は、そこまでシビアにならなくてもいいけど、気をつけるに越したことはないってことですね。

 

参考 https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/12088740/

 

BDNFっていう脳細胞を成長させるアミノ酸を生成するためには運動と同時にブルーベリーがおススメ!

 

 

あとアマゾンで僕が書いた漫画が読めるので、読んでみてください!

 

created by Rinker
¥550(2020/11/30 21:28:19時点 Amazon調べ-詳細)
>大葉せんせいとは?

大葉せんせいとは?



ブログ月間5万PV「面白い考え方が身につく記事」をテーマにブログ更新中。記事の内容は、アニメ〜経済まで幅広く! テレビ局勤務。企業で働くことに疑問を持った25歳
もっと詳しくTwitterFacebook

note

欲しいもの

CTR IMG