【学生生活】大学生はアルバイトをしない方がいい理由【やるべきこと】

大葉せんせい
大葉せんせい
どうもー大葉せんせいです。
大葉せんせいは、学生時代をアルバイトに捧げたワケなんですけど、今思うと本当に無駄だったなと感じます。

あの時間を別のことをしていれば…

大葉せんせいの家は、別に裕福ではなかったので、アルバイトをしていました。

でも裕福な家は絶対に、アルバイトをしない方良いです。

 

といういうことで、今回は大学生へのアドバイスの記事になります。

大学生のみなさん、アルバイトはしないでください。

奨学金でも借りて遊んでいた方が、よっぽどマシですよ!

大学生は、バイトをやらなければいけないという風潮がある件

アルバイトをやらないほうが良いという話をする前に、大学生の多くが、なぜバイトをするのかという話をします。

 

なんでバイトするのかというと、「バイトをしないやつを下に見る」という、謎の大学生間にある雰囲気のせいです。

 

大学生って、なぜか「バイトしてない」っていうと、「えっ、バイトしてないの?」みたいな感じになります。

バイトをしている方が、偉いと考えている人が結構いるんですよね。

 

そして、親も大学生なんだからバイトをして、経験を積んだ方がいいみたいな空気を出すんですよね。

バイトをしているからって、偉くともなんともないんです笑。

お金があれば、アルバイトはしない方がいい理由

正直、お金がある家庭はの子は、アルバイトをしない方がいいです。

お金があるけど、バイトをしている大学生は、考えを改めた方がいいですよ。

なんでアルバイトをしない方がいいのかというと、その時間に他のことをした方が、時間の有効活用になるからです。

 

アルバイトから何を得られるのかというと、1000くらいの時給と、ちょっとの労働経験。

どちらも、別に大したことありません。

社会人になってから、大学の同級生と話すのは、アルバイトって無駄だったなということ。

もっと他のことをした方が良かったって、同級生がみんな言っています。

 

なので、アルバイトは無駄という事象は、ほとんどの人に当てはまることなんでしょう。

勉強の価値と時間の関係

アルバイトで、どれくらいの時間が無駄になっていたのかを考えます。

大葉せんせいは、コンビニのアルバイトで、年に120万円ほど貰っていました。

時給は900円くらいだったので、120万を900で割ると、約1333時間。

1年間で1333時間ですよ!めちゃくちゃ働いていました。

 

つまり4年間だと、5333時間!

大葉せんせい
大葉せんせい
5000時間オーバーです…

 

5000時間っていうと、どれくらいかというと

このサイトによると、公認会計士に合格するために必要な勉強時間は、3000時間~5000時間だそうです。

3000時間で合格したら、公認会計士の資格と2000時間のお釣りがくるってことになります。

 

他には、たつき監督がケムリクサを作り上げるのに必要だった時間が5000時間だと言っていました。

そう考えると、5000時間って相当大きな時間ですよね。

 

大葉せんせいが、コンビニのバイトを5000時間もやって得られたものといえば、少しの社交性ぐらいのものです笑。

その時間を勉強に当てておけば、公認会計士にもなれたと考えると、もっと有効活用しておけば良かった…

 

アルバイトを無駄だと考えるのは、大葉せんせいだけじゃなくて、有名人の中でも同じように考える人がいます。

例えば、メンタリストDaiGoは、アルバイトをしていなかったそうです。

その時間を何に使っていたかというと、勉強。

 

アルバイトをしていなかったので、お金がなく、お昼代を切り詰めて本を買って勉強したそう。

その勉強の結果、心理学・脳科学などを習得し、メンタリストになったのです。

大葉せんせい
大葉せんせい
アルバイトをしていなければ、メンタリストにもなれたと考えると、アルバイトをしている場合じゃねー笑

じゃあ何をするのが良いのか?

アルバイトをしない方がいいという話をしてきました。

アルバイトをしないとすれば、その時間何をするのが正解なんでしょうか?

大学生の有り余る時間を投資することで、社会人になってから、時間が帰ってくるような行動をするのが良いでしょう。

つまり何かと言うと、勉強です。

 

何を勉強すれば良いかという正解はないので、自分なりの勉強をすれば良いと思います。

例えば、大学生のときに、投資について勉強をしたとします。

そして投資で食べていけるようになれば、社会人になってから、ガツガツ働かなくてよくなるので、時間に余裕ができますよね。

これが時間の投資という考え方になります。

 

また資格の勉強をして、資格を取ったとすると、普通に就職するよりも高給な仕事ができる可能性もあるワケです。

そうすると、お金があるということは、家事代行を頼んだりすることで、時間の余裕を生み出すことができるので、資格の勉強も時間の投資になるでしょう。

アルバイトをしないで、将来的に時間を作り出せるような勉強をしましょう!

【まとめ】遊ぶのも良いけど、やりたいことを見つけよう

大学生がアルバイトをしない方がいいという話をしてきました。

大葉せんせいは、正直アルバイトをするくらいなら、遊んでいた方がマシだと思います。

 

ですが、アルバイトもしていない、サークルも部活もやっていないとなると、一般の企業に就職をするとしたら、面接で話すことがなくなってしまいます。

 

なので、アルバイトをしないで、その時間で自分が何をやりたいのか考えましょう。

趣味でも、好きなことでもいいんですが、将来仕事で何をしたいかというのを考えて、それを実践していくのが良いかと思います。

 

絵でも、勉強でも、音楽でも、今どきマネタイズする方法はたくさんあるので、学生のうちから挑戦するのはかなり有利になるかと思います。

それでは、大葉せんせいでした。